マイ★ボス マイ★ヒーロー
コンテンツ
イントロダクション
ストーリー
スタッフ&キャスト
相関図
音楽
次週予告
クラス名簿
プロデューサー日記
無限戦隊アニキンダー
現場レポート
BBS
壁紙
携帯サイト
データ放送
トップページ
ストーリー
第9話
★9月9日(土)放送

 喜一(市村正親)が北極会のヒットマンに狙撃されて混乱する中、真喜男(長瀬智也)派と、弟の美喜男(黄川田将也)派に別れた組員たちの対立が激化。このままでは北極会にますますつけ入られる、と、美喜男が跡目を決める“選挙”をすることを提案。大規模な選挙戦がスタート。1ヵ月後の2月14日に行われることになった。

 だが、学校史上かつてなく悪い成績の真喜男は、選挙と同じ2月14日に卒業試験を受け、合格しなければ卒業できないと言い渡される。そのうえ星野(若葉竜也)が「ミスター3年A組を決める!」と言い出し、またまた2月14日に、バレンタインのチョコの数をかけて勝負することになってしまう。

 こうして3つの決戦が2月14日に集中した真喜男は、全部まとめて闘ってやろうじゃねえか!と熱く燃えるのだった。

 ところが、真喜男はここしばらく高校生活に専念。今も卒業試験の勉強に必死になっている。すっかり『高校生らしく』なった真喜男だったが関東鋭牙会の組員たちには評判がガタ落ち。その上、選挙の中間集計で組員の大多数が美喜男を支持していることが発覚。圧倒的有利になった美喜男は「これをきっかけにカタギになったら?」と真喜男に揺さぶりをかけはじめた。カタギになれば、今の穏やかで優しい生活も続き、ひかり(新垣結衣)との恋もちゃんと出来るかもしれない。だが実際は自分はヤクザでみんなをだましていて、そんなムシの良い自分の夢がかなうわけない、何より、俺はボスになりたいんだ――と、さまざまな思いが押し寄せ、ひとり悩む真喜男だった。

 そして運命の2月14日がやってきた。まずは卒業試験との戦いが、始まる――