• 走れメロス  

  • 物語  


  • ten

    後編 12月05日放送

メロスは言った。「セリネンティウスよ…私は走ったのだ…君を欺くつもりは微塵もなかった…信じてくれ」。
だが……嘘だ! そう叫んだのはセリネンティウス、いや、高田だった。一緒に東京に行こうと約束したあの日。城島は来なかった。
嘘を書き続けることはできない。筆を折りそうになる彼のもとに、城島の幻が現れる。「最後まで書き続けろ、俺は、待っているから…」
そんな中、突然の一報が届く。それは城島の妻からだった。


バックナンバー  

前編 11月28日放送

後編 12月05日放送