• 走れメロス  

  • 物語  


  • ten

    前編 11月28日放送

待つ方がつらいのか……それとも、待たせる方がつらいのか……。
作家、高田は気乗りのしない仕事に辟易していた。タイトルは「走れメロス」。作中、王であるディオニスは言う。
「人の心はあてにならない……信じては、ならぬ……」。だが、メロスは友のため、誓い、約束をする。その下りに差し掛かり、高田は想い出す。あの時の汽車を。投げられた懐中時計を。
そう、彼にもかつては故郷に大切な友がいた。たったひとりだけ…。


バックナンバー  

前編 11月28日放送

後編 12月05日放送