• 人間失格  

  • 物語  


  • ten
    第一話「鎌倉心中」10月10日放送

恥の多い生涯を送って来ました――。

大庭葉蔵は裕福な生まれだった。彼は、人間の生活に検討がつかない、そういう種の男だった。
貧しい人間からカンパを搾取するための、真似事の左翼運動に参加し、その日を暮らす……。昭和四年、夏。
いつものように芝居をし、金をせしめる葉蔵。だが突如反社会的な運動を検挙すべく現れた、特高の小菅に追われ、
逃亡するはめになる。逃げ込んだ先は、恒子という女のいるカフェだった。
匿われる葉蔵。一度はごまかせたものの、すぐに気づかれ、恒子に庇われ再び出奔する。 道中、彼は思い出す。
作り笑顔をする自分を。妖しげに嗤う女中たちを。恒子のところに戻り、ふたりはその夜、枕をともにする。
情事の後、あなたは純粋だ、と微笑む彼女に、葉蔵は殺意を覚える。
そして、過去父を怒らせたことを反芻し、生きていることの恥ずかしさに想いを馳せた。
葉蔵と恒子。ふたりはどちらともなく呟く。「一緒に死んでくれないか」。



バックナンバー  

第一話「鎌倉心中」10月10日放送
第二話「お化け」 10月17日放送
第三話「世 間」 10月24日放送
第四話「新世界」 10月31日放送