• 桜の森の満開の下  

  • 物語  


  • ten

    後編 11月14日放送

都に移り住んで半年。繁丸はいまだ暮らしに慣れなかった。『知らない』ことへの不安は、どれだけ力があっても満たされることはない。
そしてまた、彰子も退屈していた。ある日、戯れに殺した人間の首を彰子に与えると、彼女はそれで遊び始めた。そのうち、毎夜繁丸が人を切り、彰子はその首で遊ぶというのが日課になっていく。繰り返される不毛な殺戮。
繁丸は思う。空が落ちてくる。この繰り返しは女を殺せば止まるのか? しかし女を殺すと俺が死ぬ。俺は何を考えているのだ!
惑いの闇に囚われる繁丸。果てに、繁丸は決意する。山に帰る、と。強い意志を持ち提言する繁丸。彰子は抵抗するも、決意が固いと知り、彼と共に行く道を選んだ。初めて出会った時と同じように、おんぶで山に戻るふたり。彼らを迎えたのは、あの満開の桜だった。
そこで、繁丸はふと、この花びらはどこから落ちてきたのだろう?と思う。そして彼は気がついた。女が鬼であることを。





バックナンバー  

前編 11月7日放送

後編 11月14日放送