こんにゃく 山栄食品

こんにゃく屋五代目達人一握り220グラムのしらたき

創業は明治6年、今年で127年間ずっとこんにゃくを作り続けて来た
現在のご主人である粉川利二さん、実は四代目
でも看板を出すときに「四じゃ縁起が悪いから五代目にしちゃえ」と、
それで五代目になっちゃった
店も機械化してしまったが、初代から変わらないのが「結わい草」と呼ばれる
檜で作った紐でしらたきを縛るやり方
水桶から適当に取り出したしらたきを上手に団子にまとめる
これが必ず220グラムぴったりになるという達人技
何十年もしらたきに触れて生きてきた粉川さんにとって、こんにゃくは体の一部であり、
こうして手に取った瞬間に何でもわかることが、こんにゃく屋としての誇りでもある

現五代目
ご主人 粉川利二さん

 

最寄駅

千住大橋駅より徒歩5分

所番地 足立区千住河原町 26−3
電話番号 03−3881−2200
特選情報 営業時間 7:00〜18:00
定休日 日曜日・祝日

手作りしらたき170円(220グラム)

歴史のある山栄食品だが、五代目主人は
新しい商品を作ることに情熱を傾けている
その一つが「クレソン入り刺身こんにゃく」
(1パック180円)
普通は海藻をいれて、風味をつけるが、
山栄ではクレソンの粉末を入れている
こうする事で、体に良いおいしい刺身こんにゃくになる
去年からはじめたのが、ハワイのクリスマス島でとれる
天然塩の結晶を使って作る「ちくわ麩」(1本100円)
実にまろやかで贅沢な味に仕上がっている

今週へもどる