今週の放送は

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

<電車に乗る>
すっかり童心に返って、鉄道模型を走らせる目黒さん
旅人の目黒さんとは、多摩動物公園駅での待ち合わせ。
それでは早速、電車に乗りますか?
「いやいや、乗るんじゃなくて、まずは運転するの!」
目黒さんが入っていったのは、
多摩動物公園駅の隣りにある京王れーるランド
多摩地区を模った広々としたジオラマの中を、
実際に使われていた運転席で
鉄道模型を走らせる事が出来ます。
目黒さんは運転に夢中!!
さあ、今度こそ本物の京王線に乗って、旅を進めましょう!
<電車に乗る>

最初の途中下車は、「聖蹟桜ヶ丘」。
駅前の大通りから1本小道に入ると、
「近江牛ステーキ」の幟を発見。
幟のあるお店に近付いていくと、
こちらは近江牛専門の肉屋・神谷精肉店でした。
ちょっぴり残念な気持ちの目黒さん。
すると、店の奥から
「社長!神谷ステーキ3名様分お願いします!」との声が。
伺うと、建物の2階に、
ステーキレストランがあるんですって!!
目黒さんが2階のレストラン神谷で注文をしたのは、
ハンバーグステーキとご飯のセット。
「ソースもおいしいんだけど、
肉そのものに味があって本当においしい!」と感激の様子。
お肉屋さん直営のステーキレストランだけあって、
味は格別・値段は手頃という訳でした。

ボリュームたっぷりのハンバーグを早速食べてみましょう!
<電車に乗る>
古い小学校の教室で、久々に席に着いてみる目黒さん 水辺の景色に誘われて、次なる途中下車は「中河原」。
穏やかな気分で多摩川沿いを歩いていると、
どこからともなく太鼓の音が。
太鼓の音色に誘われて、
こちらの府中市郷土の森博物館に入っていくと、
街頭紙芝居が行なわれていました。
しばし、立ち止まって懐かしい風景に、
目黒さんもほんの一時タイムスリップ…。
さらに園内を歩き回る目黒さん、
前方に何やら古い佇まいの小学校を発見。
教室に入った途端、
目黒さんは目黒少年に戻ってしまいました…。
古い小学校の教室で、久々に席に着いてみる目黒さん
<電車に乗る>
続いての途中下車は、「調布」。
駅前を歩き始めて、急に立ち止まる目黒さん。
「う〜ん!この香り!僕の大好きなあの香り!
こっちからだ!」と
細い路地へ走り出す目黒さん。
なるほど、カレー屋・かれんどの前で立ち止まりました。
「やはり、この香りには勝てません。入りましょう!」
お薦めを伺うと、「今日は寒いから、
『あんかけカリーうどん』がイイよ!
そこいらのカレーうどんとは全然違うから」と、ご主人。
出てきたカリーうどんに、目黒さんビックリ!
さらに1口食べて2度ビックリ!
スパイスと、絶妙なダシ、
そして、生姜、ごま、海苔、青山椒…などなど、
見事に調合されたおいしさに脱帽!
目黒さん、汁一滴残さず平らげてしまいました。
「熱いけど、おいしくて箸がすすんでしまう!」
<更に歩く>
親切な尼さんに、深大寺の名前の由来を教えて頂きました
お腹がいっぱいになったところで、
もう少し調布の街をぶらぶらしてみることに。
「調布と言えば深大寺。
せっかくだからお参りしていきましょうよ」
深大寺の本堂に向かうつもりが、不思議な杜を発見。
「『じんじゃだいおうどう深沙大王堂』?
お寺なのにジンジャ?」と、
そこへお坊さんが現れて教えてくれました。
「深大寺は・深沙・大王様のお寺を、
縮めて深大寺と名付けたんです。
この辺りは昔から綺麗な湧水が出て、
だから、そば文化も発展したんです」
お寺の境内には、『そば守観音様』もありました。
「これからもおいしいおそばが食べられますように」
目黒さんも観音様にお参りしました。
<電車に乗る>
次は「千歳烏山」で途中下車。
賑わう商店街を抜けて路地裏を歩くのが、そう、ぶらり旅。
「おやっ?!」この世田谷区で、
昔の面影を発見した目黒さん。
「薪割りしてる〜!!」話を伺うと、
こちらの奥さんが経営する雑貨店&喫茶店 星屋で、
懐かしの薪ストーブを使っているんですって!
目黒さん、薪割りを手伝う代わりに暖をとらせて下さい、
とお願いして、薪割りに挑戦。
お手伝いの後は、約束通り
薪ストーブにあたらせて頂いた目黒さん。
薪ストーブの柔らかな暖かさに心和むひととき。
初挑戦の薪割り!結構、重労働だけど楽しいですね!
<更に歩く>
こういう木型を使って、靴を伸ばしていくんだそうです 体も心もポッカポカになった目黒さん、
気がつくと隣りの駅の「芦花公園」まで
歩いてきてしまいました。
「あっ!」と、またまた立ち止まる目黒さん。
「ぶらり旅ファンの方、必見のお店発見しちゃいましたよ!」
と、入っていったお店は靴修理店・ウダガワ
きつい靴の型伸ばしや、ゆるい靴の詰めを始め、
様々な靴の修理をしてくれるご主人は
まさに靴のお医者さん。昔ながらの木型を使って、
じっくり丁寧に伸ばしていきます。
最近は、通信販売などで靴を買うお客さんも増えているようで、
丹念に1つ1つ修理する姿に、感服する目黒さんでした。
<電車に乗る>
すっかり日も暮れて、終点の「新宿」につきました。
「やはり締めくくりはキュッと行きますかネ!」と、
新宿の街を歩いていると、店先で炭火をおこしている人を発見。
伺うと、こちらのお店・満重は、
千葉の千倉であがった新鮮な魚介類を
七輪で炭火焼きして頂くと言うんだから、
締めくくりにはまさにピッタリ!
目黒さん、ホタテにサザエにホッキ貝…、
しょう油ダレをかけて炭火でじっくり焼き上げた炙り物に舌鼓!
今回は、温かさや人のぬくもりを感じた、大満足の旅でした。
この醤油がこげる香りも食欲をそそりますネ!
もどる