スケッチ 大江一成(かずしげ)さん

神泉・渋谷界隈を描きつづける街の散歩達人!

大江一成さんは昭和44年に神泉に住居をかまえて以来、
めまぐるしく変わっていく渋谷・神泉界隈を"記録"としてスケッチしています。
これまで描いたのは350枚以上!50ページのスケッチブックが8冊に及びます。
そのスケッチが評価され、今では渋谷区役所発行のタウン誌「大向界隈」の表紙イラストを飾っています。
スケッチブック片手に街を練り歩く大江さんは、神泉界隈ではちょっとした有名人なのです!


大江一成さん

円山町にあった「検番」のスケッチ
最寄駅

神泉駅

所番地

※個人宅につき、お教えすることが出来ません

電話番号 ※個人宅につき、お教えすることが出来ません
特選情報
大江さんの画集
『1990年代の渋谷』については、
発行者「ほっとタイムズ社」まで
お問い合わせください。
☆ほっとタイムズ社 (電話番号 03−5414−5381)
今週へもどる