飯能焼窯元 飯能窯

現代によみがえる飯能焼

飯能焼きは天保元年から50年にわたり栄えましたが、
洋食器や陶磁器におされ、忘れ去られてゆきました。
そんな飯能焼を現代によみがえらせたのがこちらの虎澤秀雄先生です。
虎澤先生は、岐阜にある窯元に生まれましたが、
30年程前から飯能に移り住み、飯能焼を研究し続けています。
また先生は、翠青磁では国際コンクールで金賞を受賞する有名な方でもあります。


工房前



作成中

翠青磁大皿
最寄駅

飯能駅よりバス

所番地

埼玉県飯能市大字苅生28−1

電話番号 0429−73−9099
特選情報
定休日 金曜日

飯能焼きは花器や壺だけでなく
日常使うお皿など様々なものがあります。
       
今週へもどる