蕎麦屋 きぬたや

メニューは『せいろそば』のみ!1日たったの30食!

『きぬたや』は暖簾が常に中にかかっているおそば屋さん。
その理由を店主の山中昭敏さんは
「入口にあまり蕎麦屋を宣伝するような物を出すのは恥ずかしいから」と語ります。
お蕎麦は厳選した蕎麦の実を毎朝手挽きの石臼で挽いて作っています。
しかし、山中さんが1人で店を切り盛りしている為、朝の5時から仕事にとりかかり、
約5時間石臼を挽き続けても、作れるのは約30食のせいろ蕎麦のみになってしまうそうです。
産地や挽き方を変え、香りとコシの違う蕎麦を作り分けているのがこの店の特徴です
(例:茨城産秋そばの十割蕎麦 ・北海道産牡丹の二八蕎麦 等)。
3種類の蕎麦を半人前づつ食べ比べるという事が出来るのも
『きぬたや』ならではの楽しみ方です。


落ち着いた雰囲気の店内

せいろそば 3種

毎朝石臼で挽きます
最寄駅

西国分寺駅より徒歩30分
(恋ヶ窪駅より徒歩5分)

所番地 東京都国分寺市西恋ヶ窪4−30−24
電話番号 042−326−3221
特選情報
[営業時間] 11:30〜15:30
         ※売り切れしだい終了
[定 休 日] 月・金曜日
●おすすめ●
 せいろそば(1人前) 1,000円
 せいろそば(3種) 1,350円
今週へもどる