宮内不朽堂
江戸伝統の絵筆職人

親子三人で筆作りに励む、宮内不朽堂。
筆に使うのは、羊、イタチ、狸、馬などの毛。
その毛を揃え、選り分け、貼り合せ、21もの工程を経て一本の筆に仕上がります。
指先が毛の一本一本を選り分けていく作業は目にも止まらない早業。
生粋の毛先が残った筆が出来上がります。
日本画の巨匠、平山郁夫氏も、こちらの筆を使っています。


余分な毛を抜きます

平山郁夫・作

日本画筆
最寄駅

湯島駅より徒歩5分

所番地 東京都台東区上野1−5−6
電話番号 03−3831−9088
特選情報
[営業時間] 10:00〜17:00
[定 休 日] 土・日曜日
●商品例● ・連筆 5,700円〜
・平筆 4,200円〜
・刷毛 2,000円〜
今週へもどる