にいがた田舎家
わっぱ飯の元祖!料理も酒も小粋な料理屋

本店は新潟にあり、東京から新潟に出張に来る客が、
喜んで新潟の料理を食べていく姿を見て1964年に東京・池袋で店を始めました。
自称88歳の大女将と女将、そして二人の板前さんできりもりしています。
『ばい貝の酒煮』は、ばい貝を酒とだし汁で煮たもの。
上品なかつおだしと、噛み応えのある食感。そして、なんと言っても肝が絶品!
苦味がなく、新潟の地酒によく合います。
新潟の郷土料理、『のっ平(のっぺ)』もオススメです。
椀の中にさいころの形に切ったサトイモ、タケノコ、コンニャク、鮭、いくらが入っており、
かすかな甘みを感じる味付け。冷たい汁のまま頂くのが新潟流です。
締めに頂きたいのはなんと言っても『わっぱ飯』。
本店の先代が考案した料理で、1954年に登録商標を取っています。
杉の薄い板を曲げて作った容器にご飯を盛り、その上に旬の素材をのせて蒸したもので、
フタを取ると杉の清々しい香りが広がります。
越の寒梅や〆張鶴といった新潟の地酒も多数取り揃えていますので、
地の料理を地の酒で楽しめます。
池袋の片隅に、田舎の味安らぎを提供してくれる店です。


こちらが元祖のわっぱ飯

真っ白くて
きれいなばい貝の肝

自称88歳
大女将・中山やす子さん
最寄駅

池袋駅より徒歩5分

所番地

東京都豊島区南池袋1−9−21

電話番号 03−3984−6437
特選情報
[営業時間] 11:30〜13:30
      16:30〜23:00
[定 休 日] 日曜日

●おすすめ●
・わっぱ飯 鮭    700円
・海老        800円
・親子      1,200円
・のっ平(のっぺ)700円
・ばい貝酒煮   700円
・えご      400円
・へぎ鮭     700円

今週へもどる