江戸木魚節
江戸の粋が今に残る!
木魚節とは、木魚のリズムにのせて五七五七七調の和歌を、
一字ずつ小節をつけて歌う木遣りのようなもので、木遣りの前身とも言われています。
300年位前に始まり、弔いや寺の行事の際にいくつかの組で
木魚節を歌い上げ、その声を競い合うなど、江戸時代の庶民の芸能として親しまれてきました。
現在この木魚節を継承しているのは、松崎さんが会長を務める江戸木魚節保存会のみ。
昭和61年に東京都指定無形民俗文化財の認定を受けています。
現在は木魚節だけに、毎週木曜日に集まって稽古に励んでいます。

家の前の看板

巨大な木魚

隣のお寺に奉納に行きます
最寄駅 三ノ輪駅より徒歩7分
所番地 東京都台東区竜泉1−1−1
電話番号 03−3875−9253
特選情報
 
今週へもどる