箸勝 (はしかつ)
電気街より古い!歴史と伝統を守る箸屋
明治43年に高級割箸専門店として創業。
元々は奈良県の吉野で材木商をしていました。
天皇家の御用達を勤めるようになったのは昭和25年から。
天皇皇后両陛下が、儀式や日常のお食事の際にお使いになるものはもちろんのこと、
ご旅行の際にも宿泊先の旅館から前もって注文が入るとのこと。
両陛下が日常にお使いになる柳の片口白木箸は、
一般的なお箸よりだいぶ細く、滑らかで美しい曲線を描いています。
天皇陛下がお食事をすること自体、五穀豊穣に感謝する儀式の意味を持っていて、
量を頂くお食事ではないので一般的な箸より細く作られているのだそうです。

お店の入口に
「宮内庁御用達」の看板が!

串のように細いお箸

儀式の際に使用するお箸
最寄駅 秋葉原駅より徒歩3分
所番地 東京都千代田区外神田3−1−15
電話番号 03−3251−0840
特選情報
[営業時間] 9:00〜18:00
[定 休 日] 第2・第4土曜日
      日曜日 祝日
今週へもどる