天ぷら つづみ
真心こめて1品ずつ!下町の天ぷら定食
こちらは昭和46年に開店した天ぷら屋。
屋号は当時あった大塚寄席に出演していて店に出入りしていた
昔々亭(せきせきてい)桃太郎さんが、「舌つづみ 腹つづみ」という言葉から名付けたもの。
主人のこだわりは「昼の定食でも一品ずつ揚げて客に出すこと」。
あたたかい揚げたてを食べて欲しいという気持ちからなのだそうです。
昼の『天ぷら魚定食』は、季節の魚の天ぷらが5品入って890円!
値段を抑えるコツは、季節や天気を見ながら客足を考え、
仕入れの量を決めて無駄を出さないようにすること。主人の長年の勘が頼りです!
また、若い人向けに娘さんの助言の下、塩を7種類用意。
塩、抹茶、柚子塩こしょう、青海苔、カレー、山椒、全て手作りです。
主人の創意工夫も楽しめる下町の天ぷら屋です

趣のある外観

新鮮な旬の食材

天ぷら魚定食 890円
最寄駅 大塚駅前から徒歩3分
所番地 東京都豊島区南大塚3−52−3
電話番号 03−3982−8815
特選情報

[営業時間] 10:30〜14:00
      16:30〜22:00
[定 休 日] 日曜

●おすすめ●
・天ぷら定食  850円
・天ぷら魚定食 890円
・やさい天丼  830円
 ※以上はランチタイムの値段です
今週へもどる