田中屋製菓
懐かしい味を今も守る「卵ボーロ」の専門工場!
1927年創業の『卵ボーロ』専門工場。
因みに、卵ボーロの専門工場は現在都内に2軒しかありません。
温和な親子が会長・社長を務め、工場を切り盛りしています。
『卵ボーロ』の原料には、焼き上がりがふっくらするように"北海道産の馬鈴薯でんぷん"を使用。
卵は、黄身が濃く、弾けるような弾力の新鮮な卵を使います。
それに砂糖を加えて練った生地を回転する筒状の機械の中でころがして丸い形にし、
200℃のオーブンで5〜7分かけてじっくり焼き上げます。
昔は30人近い職人さんが一個一個手で丸めて作っていたそうです。
会長の田中利雄さんは、「卵ボーロについて話したら長いよ〜!」と語るほど、
『卵ボーロ』にこだわりを持っている方。
季節や気温、天気、湿度によって味に違いが出るため、利雄さんは朝一番に工場へ行き、
生地の粘り具合・丸まり具合・焼き上がり・味など、
入念に確認しないと一日が始まらないそうです。
使用する素材同様、重視しているのが"安全性"。
赤ちゃんやお年寄りの口に入る食べ物なので、特に衛生面に気を配り、
香料・着色料・膨張剤といった添加物は一切使用しません。
商品は『卵ボーロ』の他に、卵の黄身だけを使用した『卵黄ボーロ』、
野菜を使った『野菜ボーロ』、『かぼちゃボーロ』なども作っています。

機械の中で丸くなる
「卵ボーロ」

こんがり焼き目がついて
美味しそう!

いろいろな種類を
取り揃えています
最寄駅 五反田駅より徒歩13分
所番地 東京都品川区西五反田6−17−31
電話番号 03−3491−4745
特選情報
[営業時間] 8:30〜17:30
[定 休 日] 土曜、日曜、祝日

●おすすめ●
・「育児の友ボーロ」 1袋105円
・「パワフルボーロ(卵黄ボーロ)」
           1袋100円
・「てんさい卵ボーロ(てんさい糖を使用)」
           1袋150円
・「かぼちゃの卵ボーロ」
           1袋105円
※購入したい方は、下記ホームページまで。
 なお、注文は1ケース(10袋入り)から
 受け付けています。

●ホームページ●
 http://www.tamagobolo.co.jp
今週へもどる