かずや
わずか一坪の和菓子店
以前は銀座7丁目の路地裏にある小料理屋を間借りして営業していましたが、
今年9月に有楽町のガード沿いビルの一階に一坪の小さなお店をオープンしました。
日本料理店で板前の修行をしていた主人の古関一哉さん。
第21回神奈川県名誉菓子コンクールにて技術賞を受賞した『かずやの煉』は板前の修業の傍ら、
二年の歳月を経てつくりあげた生菓子です。
食感と風味にこだわり、微妙な火加減、タイミングで長時間かけて煉り上げるため、
一日192個しかつくることができません。
材料は京都宇治抹茶、上白糖、和三盆糖、吉野本葛、もち米等、
その中で最も良いもの、身体によいものを選出しています。
美味しいだけでなく、天然の素材のみを使用した身体もよいものを提供しています。
まるで洋菓子のようなまったりとした滑らかな舌触りと、口の中に広がる抹茶の深みが絶妙です。

わずか一坪のお店

若き主、古関さん

かずやの煉
最寄駅 有楽町駅より徒歩3分
所番地 東京都千代田区有楽町1−6−8
電話番号 03−3503−0080
特選情報
[営業時間] 11:30〜17:00
[定 休 日] 日曜・祝日

●商品例●
・かずやの煉 6個入 2,100円
・丹波栗あんよせ 1,050円
今週へもどる