今週の放送は
(2006年7月1日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は東急大井町線でぶらり旅!

旅人とは大井町で待ち合わせ。
ぶらぶら歩いていると、
富貴豆(ふきまめ)と書かれた幟を発見します。
「一体どんな豆?」と気になり工場にお邪魔することにしました。
話を伺うと、そら豆を甘いタレで煮込み加工したものを
富貴豆というそうです。
豆の種類ではなく加工したものを
富貴豆ということを知ったダニエルさんでした。
おいしい
<歩いてぶらり>
完食しました さらに、大井町をぶらぶらするダニエルさん。
特製ゴマダレ冷し中華と書かれた貼り紙を発見します。
この暑い時期に身体を冷そうと店に入る事にしました。
具と麺がシャキシャキに冷えた冷し中華に
大満足のダニエルさんでした。
<電車に乗る>
最初の途中下車は中延
閑静な住宅街を歩いていると、靴屋さんを発見します。
店先には健康保険適用と書かれたプレートがあります。
「一万円の靴が三千円で買えるの?」
と気になりお邪魔してみることにしました。
話を伺うと、医師の診断により
外反母趾、偏平足と判断された方のみ
健康保険が適用されるそうです。
ダニエルさんも折角なので足の負担を解消し、
歩き方を改善する足底板(そくていばん)といわれる
中敷を作ってもらいました。
健康保険適用
<歩いてぶらり>
賑やかな公園 足が軽くなったダニエルさん。
小さな公園の前に差し掛かると大勢の子供たちが遊んでいます。
すると公園には、乗用玩具が数十台並んでいます。
隣の理髪店の主人に話を伺うと、
ゴミ置き場に捨ててあったオモチャを拾ってきて
公園に置いたそうです。
今では、通称ブーブー公園と呼ばれる
子供たちに人気の公園になりました。
<歩いてぶらり>
さらに中延を歩くダニエルさん。
住宅街の車庫に人力車が置かれているのを発見します。
さらに、表に回ると店先にも人力車が飾られています。
気になり話を伺うと、ここの主人は脳梗塞で左半身が麻痺し、
そのリハビリの為に人力車を購入したそうです。
粋な主人の好意で
隣駅の荏原町まで人力車で送ってもらいました。
なして人力車
<電車に乗る>
キレイですね 続いての途中下車は大岡山
駅舎を出てほどなくすると、
ショーウィンドーに飾られた彫り物を発見します。
奥では女性が作業の真っ最中。
話を伺うと大正4年生まれ91歳の鎌倉彫の職人さんでした。
職人技や人生の先輩の話を聞く事ができたダニエルさんでした。
<歩いてぶらり>
さらに大岡山を歩くダニエルさん。
林のハヤシライスと書かれた看板を発見します。
一寸小腹も空いたので食べて行くことにしました。
デミグラスソースと一週間かけて煮込んだフォンドボーとの
味わいに大満足のダニエルさんでした。
林のハヤシライス?
<電車に乗る>
楽しいな 次は賑やかな自由が丘で途中下車。
街を歩いていると、
オリジナル苔玉盆栽作りませんか』と書かれた看板を発見します。
気になり話を伺うと
苔を使ってオリジナルの盆栽作りが楽しめるといいます。
ダニエルさんも苔玉作りに挑戦しました。
<電車に乗る>
続いては尾山台で途中下車。
賑やかな商店街を抜けると、お洒落な洋菓子店を発見します。
店先には綿アメが置かれ、その綿アメを食べる事にしました。
アメリカにも綿アメがあり、
子供の頃を思い出したダニエルさんでした。
甘い甘い
<電車に乗る>
美味しい 次は終点二子玉川
歩いていると懐石料理屋を発見します。
店内には水が流れ多摩川の屋形船をイメージしているそうです。
せせらぎが聞こえる店内と、
趣向を凝らした懐石料理に舌鼓を打つダニエルさん。
旅の締めくくりにピッタリのお店でした。
 
もどる