エリゼ光
新鮮な野菜をふんだんに使った『ナチュラルフランス料理』
横浜にお店を構えて7年。
最初は関内のオフィス街にありましたが、古き良き横浜の面影が残る土地で店を持ちたいと、
今年の6月に現在の場所に移店。
オーナーシェフの六川光さんが作る料理は、新鮮な野菜をふんだに盛り込んだ「ナチュラルランス料理」。
カブがやわらかいムースになったり、苦味がきつい春菊も美味しいソースに変身します。
「フランス料理はバターや生クリーム使った料理が多く、フルコース頂くとどうしても重くなってしまう。
それでは日本人の口に合わないのでは」と考え、野菜を中心とした料理を作り始めるようになりました。
六川さんは、直接畑に出向いて生産者と会話をしながら仕入れをします。
生産者とのいい人間関係が料理には欠かせないのだそう。
最高の食材を生み出してくれた生産者への敬意を込めて、
メニューにはほとんど生産者の名前をのせるようにしています。
フランスの三ツ星レストランで修業を積んだシェフの華麗な料理の数々をお楽しみ下さい。

戸塚の矢島さんが収穫した
「カブ」を使ったブランマンジェ

秦野の山口さんが収穫した「春菊」の
ソースが甘鯛にとっても合うんです

おすすめランチコースと
スペシャルデザート
最寄駅 関内駅より徒歩18分
所番地 神奈川県横浜市中区山手町246 カーネルスコーナー2F
電話番号 045−621−4890
特選情報
[営業時間] 11:30〜15:00
      17:30〜22:30
[定 休 日] 水曜

●おすすめ●
・おすすめランチコース 4,000円
今週へもどる