天下茶屋
太宰治が「富嶽百景」を書いた、絶景の富士が望める茶屋
富士山の眺めが素晴らしいことから
「富士見茶屋」、「天下一茶屋」などと呼ばれる昭和初期から続く峠の茶屋。
太宰治の小説「富嶽百景」の舞台になった店としても知られています。
ここに来るまで富士山を俗っぽいと嫌っていた太宰でしたが、その素晴らしさに魅せられ、
「富士には月見草がよく似合ふ」と小説に綴っています。
太宰が滞在した二階の一室は「太宰治記念館」になっていて、
太宰が使用した机や火鉢など、当時の部屋の様子が復元されています。

外観

太宰も眺めた富士

梅雨時の富士も
意外に美しいそうですよ
最寄駅 河口湖駅より車で25分
所番地 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2739
電話番号 0555−76−6659
特選情報
[営業時間] 9:00〜日没
年中無休
今週へもどる