今週の放送は
(2007年4月14日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は、山手線でぶらり旅!

一体何があるのでしょうか・・・? 今週の旅は下町・台東区からスタート。
旅人の山口さんによると、
何かすごいものがこの辺りで見れるようなのですが…。
<歩いてぶらり>
山口さんがたどり着いたのはとある公園。
見ると、公園内で
アクロバティックな組体操や片手で懸垂をしている人がいます!
話を伺うと、彼らは近くに住んでいる中国雑技団のメンバーで、
この公園で練習しているのだそう。
山口さんは青空の下で想像を絶する技を堪能します!

(最寄駅:御徒町)
見てる方もハラハラドキドキ!
<電車に乗る>
応接室?でとんかつを堪能! 最初の途中下車は神田
山口さんが駅前の路地に入るととんかつの暖簾。
下には「本郷商店 応接室」と書いてある看板があります。
応接室の言葉にひかれて店を覗いた山口さん。
雰囲気はちょっと違うようですが、
乗りかかった船と店に入ってとんかつをいただきます。
<電車に乗る>
続いて目黒で途中下車した山口さん。
しばらく歩くと何やら作業中の集団と出会います。
声をかけると影絵の劇団なのだそう。
山口さんが見せて欲しいとお願いすると、
江戸時代に流行ったという、江戸写し絵を演じてくれました。
山口さんは古来から伝わる日本文化に感心しきりです。
初めての江戸写し絵に感激!
<歩いてぶらり>
懐かしのレコードに興奮! そのまま歩くと見えてきたのは恵比寿ガーデンプレイス。
山手線上に架かるアメリカ橋を渡らずに道を折れると
10円玉で遊ぶ懐かしのゲームを見つけます。
昔を思い出しながら遊ぶ山口さん。
これまた懐かしいジュークボックスで
“アメリカ橋”を聞いて、アメリカ橋を渡ることにします。

(最寄駅:恵比寿)
<歩いてぶらり>
アメリカ橋を渡って明治通りまでやってきた山口さん。
通り沿いで畳屋を見つけます。
様々な色や素材のサンプルに見入っていると、
畳屋らしからぬバッグやランドセルなどが並んでいます。
不思議に思った山口さん。
店主夫妻の畳に対する思いとアイデアを伺います。
アイデア商品に興味津々!
<電車に乗る>
世にも不思議なソーラークッキング 続いては山口さんが降りたことがないという新大久保で下車。
歩いていると空に向けて
アンテナのようなものを並べている人達を見つけます。
怪しげだと思いながらも好奇心には勝てない山口さん。
勇気を出して声をかけると日光で料理をしているのだとの事。
環境に優しくて美味しいソーラークッキング
山口さんもびっくり仰天です。
<電車に乗る>
山口さんは新発見を求め、自身も住んでいて
とても馴染み深い池袋で途中下車。
西口方面に進むと、ビルの上から巨大な象が見下ろしています!
あれは一体何だと建物を探して訪ねると、
テレビや劇団から依頼を受けて
何でも作る立体造型の工房なのだそう。
工房立ち上げのきっかけになった
そっくり人形に感激した山口さん。
思わず自分のそっくり人形作りをお願いして、
さらに旅を続けます。
雰囲気をとらえたそっくり人形
<電車に乗る>
そばの後のコーヒーも格別! 続いてはあまり馴染みのない鶯谷で下車した山口さん。
裏通りに入ると、つたで覆われた外観に、
手打ちそばの看板と幟という、一風変わった店を見つけます。
入り口横には“当店の畑で取れたそばがらです”とあり、
更に興味と謎が深まった山口さん。
そば屋らしからぬドアを開けて、店を訪ねる事にします。
<電車に乗る>
自分のそっくり人形を受け取りに、
電車で池袋に戻ってきた山口さん。
予想を超える出来栄えに大喜び!
思いを人形に託して、びっくりの連続だった
今回の旅を締めくくります!
本人もびっくりの出来ばえ!
 
もどる