今週の放送は
(2007年7月7日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は中央線をぶらり旅!

気持ちいい 芝生が広がる庭園を散歩する米倉さん。
緑が気持ちいいこの場所は、なんと新宿伊勢丹の屋上
梅雨明けを間近に控えた季節、
都会の真ん中に浮かぶオアシスから虹の向こうを目指して
旅をスタートします。

(最寄駅:新宿)
<歩いてぶらり>
最近、在日韓国人をテーマにした映画に出演したという米倉さん、
少し歩いて大久保のコリアンタウンへ。
と、ショーケースに
大きなデコレーションケーキが飾られたお店を発見。
看板には「餅Cafe」の文字。
「餅屋でケーキ?」と、早速入ってみることに。
色とりどりの韓国のお餅を楽しんだ米倉さんでした。
おいしそう
<電車に乗る>
すごい! 最初の途中下車は中野
まずは最近「リトル・アキハバラ」として注目を集めている
中野ブロードウエイをぶらり。
フィギュアや鉄道グッズなどマニアックな趣味のお店がたくさん!
米倉さん新しい文化に興味津々。
<歩いてぶらり>
さらにブロードウエイを歩くと、趣味のお店に混じって
名物とろろ汁」の看板を見つけた米倉さん。
その控え目なたたずまいに惹かれ、入ってみることに。
とろろの本場である丸子から仕入れた自然薯を使ったとろろ丼は
素朴なおいしさ。
静岡の山の幸と海の幸のハーモニーを堪能しました。
これは美味い!
<電車に乗る>
何してるの? 次は阿佐ヶ谷で途中下車。
緑豊かな住宅地、阿佐ヶ谷住宅をぶらりと歩いていると、
何やら道路に落書きをしている人たちが。
実は彼らは団地の住民。
もうすぐ取り壊される団地での思い出を、
ぞれぞれの影をかたどった枠の中に書き込んでいるのだそうです。
時代とともに消えゆくものに思いをはせ、
ちょっとセンチメンタルな気分に浸った米倉さんでした。
<電車に乗る>
次の途中下車は西荻窪
蜂蜜屋さんの店先に、
「入荷しました!お堀一番 お江戸蜜」の張り紙を発見!
興味がわいた米倉さん、早速聞いてみることに。
なんとそれは、
皇居周辺の花からとれた蜜を永田町のビルの屋上で採取したもの。
花の香り豊かなお江戸蜜の味わいを楽しみました。
おいしい
<歩いてぶらり>
これはたのしい 閑静な住宅街を歩いていると、
目の前を颯爽と通り過ぎる一台の自転車が。
なんと、自転車の後ろに人が乗ったリヤカーがくっついています。
気になって後を追うと、
乗っていたのは自転車屋の社長さんでした。
ユニークな自転車に感激した米倉さん、
童心にかえってはしゃいでしまいました。
<電車に乗る>
吉祥寺で下車した米倉さん。
若者の街をぶらりとしていると、
とあるお店の軒先に写真でできたプラモデルのようなものを発見!
さらにお店に入ると、写真が飛び出すポップアップカードが。
日常のさりげないひとときを切り取ったユーモラスなカードに、
遊び心を刺激された米倉さんでした。
楽しいね
<歩いてぶらり>
いただきます さらに吉祥寺を歩くと、
ヨーロッパ調の店構えをしたおすし屋さんを発見!
好奇心をそそられた米倉さん、入ってみることに。
アールヌーボー調のガラスなどが飾られた
独特の雰囲気の店内でいただく本格派のお寿司の味に
舌鼓を打ちました。
<歩いてぶらり>
さらに歩いて井の頭公園にやってきた米倉さん。
公園の出口付近で、
自転車でワッフルを売っている女性に出会います。
自然原料しか使わない、手作りの玄米ワッフルのやさしい味に、
思わず笑顔がこぼれる米倉さんでした。
ワッフル屋さん!?
<歩いてぶらり>
楽しいね 腹ごなしにさらに吉祥寺をぶらり。
とある公園で、新体操のような、太極拳のような、
変わった動きをする青年を見つけます。
これは「ポイ」というニュージーランドが発祥のパフォーマンス
夜は火を使ったパフォーマンスをするということなので、
場所を教えてもらい、見に行く約束をして、電車の旅に戻ります。
<電車に乗る>
立川で下車した米倉さん。
ポイのパフォーマンスまではまだ時間があるため、
少しぶらっとしていると
手打ちそば しぇ もと」という看板が目にとまります。
店名に惹かれ、入ってみることに。
フレンチと和食が融合したユニークな料理と、
本格手打ち蕎麦の味に大満足の米倉さんでした。
ものすごくおいしい
<電車に乗る>
幻想的 ポイのパフォーマンスを見るため、
南武線に乗り換えて溝の口で下車。
ついに降り出した雨の中、
暗くなった多摩川沿いの河川敷に浮かび上がる炎の軌跡が
幻想的な空間を作り出していました。
 
もどる