日本EVクラブ
中学生の作るハイブリッドバギー!
このハイブリッドバギーは世田谷区教育委員会が主催する体験教室、
「中学生ハイブリッド教室」で作られたものです。
公募によって集まった世田谷区の区立中学生男女30人が動力システムやシャーシの組み立てを担当しました。
竹籠を伏せたボンネット、ラタン製のシートを設置した運転席の両脇には、
手すりのような竹が差し伸べられています。
手作り感を漂わせた車は、世界初のハイブリッドバギーです。
ナンバーを取得しており公道を走ることもできます。
低速時は電気モーターで走り、一定速度を超えるとエンジンとモータ−アシストに切り替わるという仕組みは、
市販のハイブリッドカーと同じです。
2005年から開催を企画・制作する舘内さんは
「次世代車を自らの手で作る体験によって、環境・エネルギー問題について理解し、
問題解決の方法を考えてもらうことが狙いです。」と言います。
舘内さんは以前F1チームのチーフエンジニアをしていた方です。
「車は良くも悪くも20世紀の象徴。
環境エネルギー問題は、被害者も加害者であるという認識が重要。」と舘内さん。
近い将来、CО2→1/4削減。
ガソリン代1リットル13円位で乗れる車が主流になると睨んでいます。

中学生ハイブリッドバギー世田谷一号

ハイブリッドカー組立教室
最寄駅  
所番地 非公開
電話番号 03−5376−8446(日本EVクラブ)
特選情報
●ホームページ●
 http://www.jevc.gr.jp/
今週へもどる