河内屋糸店
糸屋の店先にアルミの巨大魚発見!
荒川遊園地前にごく普通の糸屋があります。
その店先には小さなアルミを張り合わせた巨大な魚が並んでいます。
その巨大な魚は、この店の近くに住む息子の深沢優典さんが、空いている時間を見つけて、
趣味で作ってきたものだそうです。
よく見るとこれらの魚には30万もの値札がついているものもあります。
「全然売るつもりないんだけど、これいくら?って聞く人がいるから、高額な値段を付けているんだ」
とのこと。
丹精こめて作ったものへの強い想いが反映されています。
製作日数は1カ月程でできるものから、2年以上かけたものまで様々。
木で型を作り、そこにアルミを張り付けて作っています。
材料のアルミクズは、アルミ工場の友人から譲り受けているそう。
店の中にはたくさんのアルミの魚の作品がありますが、
なんと深沢さん自身はそんなに魚が好きではないとのこと。
しかし元々アマゾンやジャングルに興味があり、アルミクズを見たときに、
魚のうろこに見えたことがきっかけで、そこに生息する古代魚の製作を始めたそうです。
制作品はすべて原寸大。最新作は全長4mもあるコモドオオトカゲ。
あくまでも趣味だからといいながら、リアリティーを追及するこだわりの性格がうかがえます。

アルミで出来た巨大魚の模型

コモドオオトカゲ
最寄駅 荒川遊園地前駅から徒歩1分
所番地 東京都荒川区西尾久5−27−15
電話番号 03−3893−2945
特選情報
[営業時間] 10:00〜20:00
[定 休 日] 不定休
今週へもどる