川豊
明治43年創業のうなぎ専門店
創業明治43年、成田山新勝寺のお膝元にあるうなぎ専門店「川豊」。
先代が印旛沼、利根川、長沼で川漁、主に鰻や鯉などの漁をしていて、卸を始めました。
そして成田市田町に川豊の前身である丸豊川魚店を構え、
卸のみならず蒲焼の販売・飲食を手がける店として始まったのが元です。
丁度その当時、成田山の山道界隈のお店でも卸を本格的に行うようになり、
鰻料理が成田に広まり、名物となっていきました。
表参道沿いの店頭では、一枚のいちょうの大きなまな板で、お客さんの前で活きた鰻を毎日さばき、
蒸したて、焼きたてを常に食べることができます。
タレは、創業以来、薄甘口のタレを継ぎ足し続けており、
かめの中で何度も何度も蒲焼がくぐったタレとまだ一度もくぐってないタレとでは味が全く違います。
うなぎエキスがタレの中にしみこんだ秘伝のタレです。
昔ながらの懐かしい雰囲気で成田名物のうなぎを食べることが出来ます。

外観

店先でさばく

創業明治43年の味
最寄駅 京成成田駅から徒歩10分
所番地 千葉県成田市仲町386
電話番号 0476−22−2711
特選情報
[営業時間] 10:00〜17:00
[定 休 日] 月曜日

●おすすめ●
・うな重  1,365円
・上うな重 1,890円
・肝吸い   105円
今週へもどる