今週の放送は
(2008年6月28日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は京浜急行でぶらり旅!

お釜でカレー? 旅人の目黒さんとは横浜で待ち合わせ。
ぶらりと歩いていると山小屋風のレストランを発見。
店内を覗くとそこには釜飯が。看板には「横浜カリー」の文字が。
「カレー屋さんなのに釜飯?」と、気になって入ってみることに。
ご主人に話を聞くと、こだわりのブレンド米を
常に炊き立てで食べてほしいと、釜飯を始めたそうです。
炊き立てのご飯で美味しくカレーを頂いた目黒さんでした。

(最寄駅:黄金町)
<電車に乗る>
最初の途中下車は京急鶴見
山手を目指してぶらりと歩くことに。
綺麗な景色につられて歩いていると、
行き止まりに何か動いている物体が!
それはなんと芝刈りをするロボット
気になった目黒さんは近づいてみる事に。
ロボット開発者のご主人に話を聞いてみると、
近い将来、サービスロボットが世の中に貢献すると考え
開発したそうです。
高齢化社会にロボットが手助けしてくれるのでは?
とロボットを身近に感じました。
ロボットで焼き魚!
<歩いてぶらり>
活気溢れる! さらに歩くと魚市場を見つけた目黒さん。
大きな魚屋に入ると、活きの良い江戸前の魚介類がズラリ!
ご主人に話を聞くと、海がキレイになり
いつでも美味しい魚が食べられるようになってきているといいます。
すると仕入をする若い男性を発見、
声をかけてみると近くでお店をやっているとの事。
お腹を空かせた目黒さん、そのままお店に連れて行ってもらいます。
<車で移動>
仕入の次いでにお店に連れて来てもらった目黒さん。
着いたお店は何とも立派な佇まいの料亭でした。
お腹を空かせた目黒さんはさっそく店内に。
おまかせで注文すると出てきたメニューは
和と洋が無造作に出てきます。
さらに、デザートにはなんとケーキ!
「枠にはまらない自由な料理を提供したい」
というのがご主人の思いです。
江戸前の魚からケーキまで色々な味を堪能した目黒さんでした。
江戸前を堪能!
<電車に乗る>
見事な作品! 次の途中下車は京急蒲田
住宅街を歩いていると町工場が並ぶ通りに出ます。
そこで蒲田モダンと書かれたポスターを発見!
気になった目黒さんはお話を伺う事に。
話を聞くと当時、西洋ガラスの影響や蒲田にモダンな時代があり、
それに肖って蒲田モダンと名付けたそうです。
<歩いてぶらり>
ぶらりと歩いているそこは雑色(ぞうしき)の商店街に出た目黒さん。
昔ながらのお店が残る商店街を歩いていると、
店先でかきもちを揚げる店を発見!
揚げたてのかきもちを試食させて頂き、ご満悦の目黒さん。
話を聞くと近くに工場があるとの事で
さっそく訪ねてみることにしました。
揚げたてを堪能
<歩いてぶらり>
つきたては絶品! ご主人から聞いた道を頼りに歩いていると、
杵つき餅・穂寿庵と書かれた工場を発見!
つきたてのお餅が食べられるかも?
と期待を持ちつつ、訪ねてみることに。
ここは百貨店等にも卸している都内で唯一の餅工場です。
色々な種類のお餅を搗きたてで頂いた目黒さん!
ご主人の餅に対する熱い想いにふれ大満足な一時でした。
<電車に乗る>
次は梅屋敷で途中下車。
住宅街を歩いていると何やら工場のようですが、
小さく『発明研究所』と書かれた張り紙を発見!
気になった目黒さんはお話を伺ってみることに。
副業で発明品を研究しているご主人。
ユニークな発明の数々にふれた目黒さん。
梅屋敷のエジソンとの出会いに心温まりました。
ユニークなアイディア
<歩いてぶらり>
老舗の総菜屋 さらに梅屋敷を歩いて活気ある商店街に辿り着いた目黒さん。
たくさん種類があるお惣菜屋さんを発見!
ご主人に話を聞くと種類はなんと80種類!
ご家族で毎朝手作りとの事。
目黒さん思わず下町の味を堪能しました。
<歩いてぶらり>
商店街を抜け歩いていると
何軒もの町工場のアパートのような集合体を発見!
気になって伺うと、
こちらは長屋状態で工場が並んでいる場所だそうで、
目黒さんはその中の一軒に、
ジュラルミンケースを作る工場を発見。
現金輸送用の一億円入るケースのほかに
マグロをかたどったものなど、
注文に応じて製造販売してくれるそうです。
ジュラルミン工場?
<電車に乗る>
品川蕎麦のお味は? 続いては品川で途中下車。
御殿山方面を歩いていると
品川蕎麦という看板が目にとまった目黒さん。
蕎麦好きの目黒さんも初めて聞く名前に思わず入ってみることに。
さっそく注文すると出てきたのは、
シャコのテンプラと海苔が散りばめられたお蕎麦。
昔、品川でシャコと海苔の漁業が盛んだった為、
品川名物として出したとの事です。
今からお蕎麦屋さんによる会合があると聞き、
ご主人に連れられお邪魔することに。
<歩いてぶらり>
ご主人に連れられて着いたのは
会合が開かれると言うお蕎麦屋さん。
ここでは品川のお蕎麦屋さんが集まり
「品川蕎麦の会」と称して
蕎麦屋のこれからや新メニューを考案しているそうです。
目黒さんさっそく新メニューの品川丼を頂くことに。
品川の昔の味、そしてこれからの味を堪能し旅を締めくくりました。
会合に参加!
 
もどる