千島わさび園
奥多摩で育った新鮮なワサビ
千島さんのワサビ畑は、林道を30分かけて上った山頂近くの場所にあります。
そんな場所にワサビ畑を作った理由は、良質な水が一年中湧き出しているからだそうです。
きれいな水に恵まれた奥多摩は、静岡、山梨などと並ぶ生産地のひとつで、
奥多摩では、400年前からワサビ栽培がされていたのだとか。
石で組んだ畑は、表面に水が流れるだけでなく、石の間から適度に水が浸み込み、
根の奥にまで届くので、太くて長く味の濃いワサビが育つそうです。
そんなワサビ田と呼ばれる畑を8年掛けて造ったという千島さん。
機械を運べない場所なので、全て手作業で石垣造りを行ったといいます。
千島さんの考える一番美味しいワサビの食べ方とは、新鮮なワサビを擦り卸し丼に用意したご飯の上に盛り、
カツオ節、ワサビの茎、醤油をまぶして食べる“ワサビ丼”だそうです。

手づくりのワサビ田

新鮮なワサビ

絶品!ワサビ丼
最寄駅 川井駅より徒歩15分
所番地 東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎8−2
電話番号 0428−85−1872
特選情報
[営業時間] 9:30〜17:30
[休 業 日] なし(臨時休業あり)

●おすすめ商品●
・わさび 500円〜
今週へもどる