今週の放送は
(2008年11月22日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は秋真っ盛り野岩鉄道をぶらり旅!

旅人のマギーさんとは栃木県日光市の龍王峡で待ち合わせ!
絶景の紅葉に包まれた、滝を発見!
虹見の滝と書いてあります。
近くの茶屋で虹が見えるのか聞いてみると
天気のいい日、12時前後に運が良ければ見えるとのこと。
12時までは待てないので、惜しまれながら駅に向かいます。
キレイです!
<歩いてぶらり>
頑丈です! 龍王峡駅に向かい電車に乗ろうとすると、
木で作られた車イスを発見!
話を伺ってみると、木を曲げて作ったといいます。
作りかけがあるというので見せてもらうが、
何になるのか全くわかりません。
これは、傘の柄になるといいます。
国産の傘の柄は全てこちらの会社で作っているそうです。
工場で工程を見せて頂きました。
傘の柄の意外な作り方にマギーさん、びっくり!
初めて野岩鉄道いざ出発です!
<電車に乗る>
最初の途中下車は湯西川温泉
駅を降りたが、町にはバスでしか行けない様子。
停まっているバスがあったのでチケットを購入し乗りこむと、
窓が付いていません!寒いし変わったバスだなと思い乗っていると、
道が冠水していてバスが停車。
Uターンするかと思ったらそのまま水の中に突入!!
マギーさんびっしょり・・・。
このバスは日本初となる観光用の水陸両用バスでした。
ダムの湖面に映る素晴らしい紅葉!
間違えたもののちょっと得をしたマギーさんでした。
水に入っちゃいました!!
<歩いてぶらり>
ん〜、いただきます! 駅に戻り町行きのバスに乗り換え湯西川温泉郷へ。
歩いていると、突如熊が出没!
よく見ると毛皮でした・・・。
そこに大量の毛皮を手入れしている人がいます。
話しかけてみると、ご主人はまたぎで全部獲った熊だと言います。
熊撃ちのビデオがあるので見せて頂くことに・・・。
迫力のある映像にマギーさん興奮!
獲った動物はちゃんと食べてあげるのが供養。
熊鍋や鹿の刺身やサンショウウオなど
絶品またぎ料理を堪能したマギーさんでした。
<歩いてぶらり>
さらに湯西川温泉をぶらり歩いていると、
スコップなど大量の荷物を持った男性がいます。
そんなに荷物を持って登山をするのか聞くと、
野湯(のゆ)に入りに行くと言います。
大自然の素晴らしい温泉だというので
一緒に連れて行ってもらうことに。
軽く返事をしたものの意外と険しい道のりです。
山に突然もくもくと湯気が立ち昇ってます!
90度近くある温泉でした。
川沿いにマイ湯ぶねを作り大自然を満喫したマギーさんでした。
まさに秘湯ですね!
<電車に乗る>
手軽でいいですね! 上三依塩原温泉口で途中下車したマギーさん。
やはりバスに乗り街に向かいます。
歩いていると、
洗面台のようなところで手を浸けている人たちがいます。
何をしてるか聞くと、塩原名物の指湯だといいます。
源泉かけ流しのヒノキ風呂でした。
温泉街ならではの知恵にマギーさん関心。
<歩いてぶらり>
さらに塩原温泉を歩いていると、元祖スープ入焼そばの看板を発見!
焼そばにスープ入れたらラーメンじゃないの?と思い、
聞いてみることに。
注文してみることに。
出てきたのは、見た目もラーメンです。
先代が作り出した、
ソース味の麺と醤油味のスープを組み合わせたメニューでした。
マギーさん未知の味を体験しました。
不思議だな〜
<電車に乗る>
変わったお地蔵さんですね 会津線に乗り換えあまやで途中下車。
歩いていると、変わった運転席のユンボを発見!
話を聞くと、移動式のお堂だそうです。
いろいろなお地蔵さんがあるそうなので拝見させてもらうと、
酒を飲んだり、煙草を吸っているお地蔵さんなど
たくさんありました。
お地蔵様をもっと身近に感じてもらいたというお坊さんでした。
<電車に乗る>
続いて南若松で途中下車です。
畑を歩いていると小さな集落に鶴好との看板を発見!
個人宅のような御蕎麦屋さんでした。
お勧めのそばを注文すると、出てきたそばつゆが真っ白!
珍しいので食べてみると、激辛でした・・・
会津に伝わる大根の絞り汁で頂くそばでした。
あまりの辛さにマギーさん悶絶。
辛っ!!
<電車に乗る>
出会い満載の旅でした 終点、会津若松で下車。
ぶらりしていると、
変わった道具で神社の庭を手入れしている方を見つけます。
話を聞くと試作品の鍬を試していると言います。
近くの工場にいろいろとあるそうなので見せて頂くことに。
工場に行くと鍬がたくさん!
土地土地の気候や土の質によって鍬は全く形が違うのだそうです。
全国共通の鍬をと社長が考えたのが女性にやさしいハート鍬でした!
秋の紅葉と個性豊かな出会いが満載の旅になりました。
 
もどる