ムンドノーボぽこブヨ〜ダン
現代版・ハーメルンの笛吹き?手づくり人形たちの長大なパレード隊
もともと音楽好きで、20代の頃からバンド活動をしていた木村元さん。
しかし年を経るにつれ周囲のメンバーが身を固め、一人、また一人と脱退、結局一人になってしまいました。
しばらく一人で音楽活動を続けていた木村さん、どうにも寂しいので、
人形をメンバーに加えて演奏するというアイディアを思いついたそう。
名づけて「ムンドノーボぽこブヨ〜ダン(新世界の小さな舞踊団)」。
手造りの人形たちは、引っ張るだけで演奏したり踊ったりと、ひとつひとつカラクリが仕掛けられています。
奥さんとともに人形のバリエーションを増やし続けた結果、その数は今や100体以上。
つなぎ合わせると20メートルを超える長大なパレード隊となりました。
一人で複数の楽器を同時演奏しながら、かわいらしい人形たちを背中で懸命に引っ張るその姿は、
摩訶不思議かつ集客力抜群。
道行く人々はつい足を止め見入ってしまい、いつの間にやら人だかりができるほど。
その楽しさ溢れるパフォーマンスで、子どもたちは勿論、大人までファンタジックな世界に誘ってくれます。

木村元さん

長い長い人形パレード隊

引っ張るだけで楽器を奏でる人形

鈴木洋子さん
最寄駅  
所番地 非公開
電話番号 非公開
特選情報
●ホームページ●
 http://www.geocities.jp/bokudoko/index.html
今週へもどる