横浜ホンチ保存会
横浜のK−1!?ホンチとは?
ホンチ遊びとは、ネコハエトリグモのオスを戦わせる遊びのこと。
4月中旬から5月いっぱいまでの間、天気のいい日に、マサキ、ササ、ツツジなどの葉の上でよく見られるクモです。
捕獲時期はゴールデンウィーク期間から約一ヶ月間のオスの繁殖期。
10cm四方の板の上に乗せてどちらかが逃げ出した時点で勝負が付きます。
板の上で、ホンチは数分見合ったり、一気に触肢を絡み合わせて力比べに入ったりします。
力にかなり差があると、一方的に押し切られて弱いほうはすぐに逃げ出してしまいます。
この遊びは、江戸時代「クモあわせ」という名前で流行っていたそう。
しかし、賭け事として競い合うようになったため将軍家の命令で禁止になったそうです。
時代を経て、大正時代に猟師の間で流行りだしました。
雨天時、漁に出られない時に盛んに遊んでいたのだそう。
昭和30年前後、横浜各地の小学校で大ブーム。
あまりの熱狂ぶりに学校持ち込み禁止令まで出たほどでした。
横浜ホンチ保存会(会員70名)は、ホンチ遊びを後世に残そうと昭和59年に発足。
毎年ゴールデンウィークにトーナメント大会を実施しています。
会員みなさんで目を熱中しています。

威嚇するホンチ!

負けー!

トーナメント大会
最寄駅  
所番地 非公開
電話番号 非公開
特選情報
 
今週へもどる