今週の放送は
(2009年7月4日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は湘南パワー人に出逢う!江ノ電ぶらり旅

江ノ島展望灯台での待ち合わせ後、向かったのは江ノ島の海岸沿い。
釣り人でにぎわう海岸沿いに、何故だかポリタンクを運ぶ人が。
どうやら海水を汲んでいるみたい。
たずねてみると、自宅兼研究所で“江の島の塩”を作っているとのこと。
サンオイル入り?では無いとは思いますが、案外美味しい塩ができるんですね。
釣りじゃ無さそう…
<電車に乗る>
まだ手作業なんですね 最初の途中下車は腰越
路面電車区間を抜けて歩いていると、何やら懐かしいにおい。
イ草の香?あ、やっぱり!畳屋さんだ!まだ手作業で作ってるんですねぇ。
と思っていると、なんと畳でサーフボードを作っているとのこと!
さっそく海にいって畳サーフボードでチャレンジ!
しかし所詮は畳。乗れる筈もなく…でも楽しい実験でした。
<歩いてぶらり>
路面電車のそばを歩いていると、おしゃれなお店発見。
素材にこだわったジェラート屋さん
実は、元F1レースに在籍して、世界を回って料理をしてきたご主人。
本場イタリアのシェフから学んだ本場のジェラートが楽しめます。
珍しいトマトのジェラートに哲さん大満足。新しい味の体験でした。
しゃれた店ですねぇ
<電車に乗る>
アメリカっぽい店ですねぇ 続いての途中下車は鎌倉高校前
紫陽花などが咲く住宅街を歩いていると、湘南っぽいお店が。
がらじぇらんど…家具屋さんですかね。
なんともおしゃれな店内には、おしゃれな小物などがいっぱい。
中でも哲さんが気に入ったのは流木でできた判子。
でも注文には2週間ほどかかるということで、自分で判子を掘ることに。
案外味のある判子ができて哲さんも大満足でした。
<歩いてぶらり>
七里ガ浜の方まで歩いてくると、住宅街にピクルス屋さんが。
完全に普通の家にしか見えないのですが、看板はあるので入ってみると、
明るい奥さんと、寡黙なご主人が登場。
几帳面なご主人の作るピクルスは、ビンの中にキッチリおさまっていて、
もはや芸術品!作るのに手間がかかりすぎ、儲からないというピクルス。
眺めるだけでも満足です。
ここ、店なんですか?
<電車に乗る>
これは色々期待できそう 次の途中下車は長谷
軽く休憩できる場所を探して途中下車した哲さん。
鎌倉の大仏とは違う方向に歩いているとちえのケーキという看板を発見。
“ちえちゃん”ってきっと可愛い子なんでしょうねぇ。
そう思ってたずねてみると、可愛いちえちゃんがお出迎え。
圧倒的なトークパワーに押されっぱなしの哲さん。でもケーキはおいしい。
 
ちえのケーキで、美味しいスイーツを食べていると、
哲さんが気になるものを発見。
クリスタルボウルというものらしい。
どうやら楽器ということで、たまたまちえのケーキで演奏する予定だったとのこと。
聞いたことないので試しに聞かせてもらうことに。
すると、なんとも癒される不思議な音。ふわふわ体験しちゃいました。
食器にしては大きい
<電車に乗る>
犬の写真家ですかねぇ 次の終点の鎌倉で下車。
鶴岡八幡宮をあえてスルー。住宅街の中に。
すると、犬の写真を撮っている人が。
犬の真正面を狙っているご主人に尋ねてみると、お仕事だということ。
実はご主人はトリックアーティスト
様々なトリックアートに驚きの哲さん。
不思議の国に迷い込んだかのようでした。
<歩いてぶらり>
日も暮れてきて、そろそろお腹のすいてきた哲さん。
いい加減なんか食べましょう。
すると北海道の幸せごはん処という看板が。
ここまで来て、北海道ってのもあれなんですが、お腹もすいたんで…、と、
入ってみると珍しい北海道直送ならではのメニューがいっぱい。
他には鎌倉とのコラボレーションメニューや、フレンチなども。
一流シェフのご主人の見せる、料理とお酒で酔ってきたのでここでさよなら。
あえてここで北海道
 
もどる