覆麺
謎の覆面店員が作る極上のラーメン!
2008年にオープンした「覆麺」。
のれんをくぐってみると、「アンガーラ」という意味不明の言葉で迎えられます。
厨房には白と黒の覆面をかぶった2人組が立ち、壁には「日本語よくわかりません」の張り紙。
日本人のホワイトによると、ブラックはコンガ王国から来たラーメン職人なのだとか。
豚ガラや鶏ガラ、煮干しのほかに、リンゴやスルメなどからとったスープは品のあるうま味を醸し、
注文ごとに焦がしネギを揚げるなどのこだわり様。
ただしなぜ覆面なのかと聞いても「アンガーラ」と答えるのみ。
不思議なラーメン店です。

ブラック&ホワイト

ひゃ〜おいしそう〜

何で覆面被ってるの?
最寄駅 新御茶ノ水駅より徒歩10分
(都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線
 「神保町」駅より徒歩1分)
所番地 東京都千代田区神田神保町2−2−12
電話番号 非公開
特選情報
※2010年1月4日から会員制になります。
今週へもどる