今週の放送は
(2009年12月26日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は嵯峨野線(JR西日本)をぶらり旅!

旅人の太川さんとは京都で待ち合わせ。
今回は、年の瀬の賑わいを見せる京都を旅します。
京都出身の太川さん人気観光地の清水寺からスタートです。
清水寺
<歩いてぶらり>
ニッキの香りがしますね 清水寺をあとにした太川さん、参道をぶらり。
多くのお土産屋で賑わいます。
「京都のお土産といえば八ツ橋・・」と試食していると、
八ツ橋しゅーの看板を発見!
八ツ橋で使われるニッキを皮に練り込んだシュークリームでした。
太川さん、ここでしか食べられない新京都名物を頂きました。
<歩いてぶらり>
鴨川を渡り街中をさらにぶらり。
歩いていると、京都らしい町屋に弓がたくさん置いてあります。
表札には『御弓師柴田勘十郎』と書かれています。
伺ってみると、戦国時代から続く京弓の工房でした。
伝承される京の技に感心する太川さん。
実家に帰るとき使う嵯峨野線に乗り込みます。
職人技です!
<電車に乗る>
味が付いてる! 最初の下車は二条
駅が高架になり昔の風情が無くなり少し寂しく感じる太川さん。
町を歩いていると、『宝石のようなところてん』と書かれた物を発見。
尋ねてみると、老舗のこんにゃく屋が作る味のついたところてんでした。
夫婦で作るアイディアところてん、京都の新名物になるでしょうか?
上品な京都の味に大満足の太川さんでした。
<歩いてぶらり>
さらにぶらりしていると、
大量の食パンを抱えている人を発見。
「何かおいしい物に出会えるかも知れない」と話しかけてみると
食パンを使って作品を作っていると言います。
ご自宅で作品を見せてもらうことに。
パンを焼いた焦げ目で濃淡を付け、絵画を描いていました。
繊細なパンの焦げ目に感動する太川さんでした。
これパンですか?
<電車に乗る>
楽しみだなー 路線図を見てトロッコが走っていることを発見し、嵯峨嵐山で途中下車。
旧嵯峨野線の線路を使ってトロッコ列車を走らせているそうです。
懐かしい渓谷の景色を楽しめるとトロッコ列車に乗り換えます。
(トロッコ嵯峨)
<トロッコ列車に乗る>
列車の半分がトンネル内に停まるというので、
トロッコ嵐山で途中下車してみることにしました。
駅前に神社を発見。
看板には「日本で唯一の髪の神社です」と書いてあるので、
太川さん、「神頼み!」と行ってみることに。
絵馬も描き、現状維持を願った太川さんでした。
キープ!
<歩いてぶらり>
使いにくい… 迫力ある竹林を通って、嵐山の表通りをぶらり。
歩いていると、人形が壁一面に飾られているお店を発見。
話を聞いてみると、人の形をした筆箱だそうです。
使いにくいさに悪戦苦闘…。
可愛らしい筆箱、太川さん、子供のお土産に1つ買いました。
<歩いてぶらり>
さらに歩いていると、嵯峨名物あぶり餅の幟を発見。
太川さんも知らない名物ということで食べてみることに。
平安時代から伝わる和菓子なのだそうです。
炭火であぶり白味噌をつけて頂きます。
知られざる名物を食べていると、
刀を提げて外国人をつれている人を発見!
だからあぶり餅!
<歩いてぶらり>
シャー! 近寄ってみると、サムライ姿の男性が英語を話しています。
話を聞いてみると、サムライの国なのにサムライがいなかったと
帰国する観光客が多いのを残念に思い、
サムライの姿で観光ガイドをしているのだそうです。
ガイドしながら、空中リンゴ切りやおなかの上で大根切りなど
サムライショーを披露しているそうなので一緒に見せてもらうことに。
代表で体験させてもらった太川さんはヒヤヒヤでした。
<トロッコ列車に乗る>
再びトロッコ列車に乗った太川さん、思い出の渓谷の中を走ります。
子供の頃に川下りをしたことを思い出し、終点のトロッコ亀岡で下車。
今でもやっているという保津川下りを体験するため、
乗船場への連絡バスに乗り込み向かいます。
懐かしいな〜
<バスに乗る>
激しい〜! 保津川下り乗船場に到着。
受付をして待っていると、川の脇で竿を引きずっている人を発見。
何をしているのか伺うと、自分の竿の手入れをしているそうで、
船頭さんは一人ひとりが自分専用に竿を作っていると言います。
1200年の京都の歴史を支えてきた川下りを体験し、
京都の歴史と思い出に触れてぶらり旅を締めくくりました。

それでは良いお年を。
 
もどる