今週の放送は
(2010年3月6日放送分)

下線の部分をクリックすると詳細情報があります

今週は東京メトロ丸ノ内線でぶらり旅!

旅人の渡辺さんとは、湯島天満宮で待ち合わせ。
東京・文京区にある湯島天満宮の梅まつりは、今年で53回目。
梅園には、20品種、300本が咲き誇ります。
渡辺さんは、電車に乗る前に、境内の綺麗な梅を見て旅をスタート。
本日は、本郷三丁目からスタート。
キレイな梅
<電車に乗る>
「すべてがここにある」って? 最初の途中下車は御茶ノ水
楽器街を歩いていると、
「すべてがここにある」と書いたウクレレのお店を発見。
ウクレレ専門店と珍しく感じ、行ってみることに。
意外と簡単に弾けて、その音色にも癒されると中高年を中心に人気のウクレレ。
その形は様々で、渡辺さんも教えて頂きながらウクレレに挑戦。
渡辺さんは初心ながら、ウクレレの楽しさを感じることが出来ました。
<歩いてぶらり>
さらに御茶ノ水の街をぶらり歩いていると、
かば焼きチャーシュー丼」と書かれた看板を発見。
尋ねてみると、ご主人の上條さんは
台東区で100年近く続いたウナギ屋の4代目。
ウナギへのこだわりは捨てきれず、上條さんがウナギのタレを使って焼きあげた
「蒲焼きチャーシュー」を考案しました。
渡辺さん、ウナギのタレで焼きあげた
「蒲焼きチャーシュー丼」と「ぶしつけ麺」を頂き大満足。
ウナギ屋さん復活への夢・・、いつの日か、かなうといいですね。
かば焼きチャーシュー丼って何ですかね〜?
<歩いてぶらり>
一体、何をしてるんでしょう? 秋葉原までぶらり歩いてきた渡辺さん。
秋葉原の電気街を歩いていると、変なモノを持った方を発見。
尋ねてみると、360度の景色を撮影できるビデオカメラで、
撮影したものをパソコンで加工し、全方向を見渡すことができるのだそうです。
防犯用として使えると考えているそうなので、
秋葉原の街に出て実験をしてみることに。
結果、防犯カメラとして使える新技術を知ることができた渡辺さんでした。
<電車に乗る>
次の途中下車は赤坂見附
昔は料亭がたくさんあった赤坂見附の街を歩いていると、
店頭にたくさんのカキが並んでいるお店を発見。
カキ好きの渡辺さん、早速店内へお邪魔してみることに。
こちらは、世界各国のカキを味わう事ができるカキ専門店
漁師さんに特別に頼み、5年かけてできた「3L仙鳳趾」をいただきました。
渡辺さん、初めて食べる特大カキの味に大満足!
店頭に飾られるたくさんのカキ
<電車に乗る>
クネクネした乗り物!? 続いての途中下車は新宿御苑前
ぶらり歩いていると、スケートボードと似ているけど・・
ちょっと違って、クネクネとした動きをしている人を発見。
渡辺さん気になったので尋ねてみると、これは「ブレイブボード」と言い、
全米で100万台もの大ヒットしたスケートボードの新型だそうです。
近くで体験できるとのことなので、渡辺さんご一緒することに。
足腰の筋肉やバランス感覚が養えると、日本でも愛好家が増えているそうです。
ブレイブボードを初体験し、いい汗をかいた渡辺さんでした。
<電車に乗る>
続いての途中下車は新中野
ぶらり歩いていると、自分で料理を作るお店「清貧」と書かれた看板を発見。
まだ、準備中なので、開店時間にまた来ることにした渡辺さん。
料理は自分で作る!?
<電車に乗る>
可愛い作品ですね 続いての途中下車は新高円寺
ぶらり歩いていると、「元祖 彫金や本舗」と書かれた看板を発見。
尋ねてみると、「ヤニ床」という嘗ては多くの彫金職人が、
彫る板を固定するのに使用していたものを使い、
彫金作品を制作している工房でした。
レーザーなどの機械彫りと違い、手彫りでは、溝に微妙な凹凸ができるため、
見る角度によって、違う輝きが楽しめます。
渡辺さんも、オリジナルの携帯ストラップを特別に作らせて頂きました。
<電車に乗る>
続いての途中下車は終点の荻窪
変わりゆく街をぶらり歩いていると、
窓ガラスに鳥の絵がたくさんあります。
写真みたいにリアルなので、渡辺さん行ってみることへ。
尋ねてみると、そこは、野鳥図鑑画家の谷口高司鳥絵工房の倉庫。
これから近くの善福寺公園で教室をやるとのことなので、
渡辺さんもついていくことに。
谷口さんが考案した描き方、
誰でも鳥が上手に描くことができる「タマゴ式鳥絵塾」を教えて頂き、
早速挑戦。渡辺さん上手に鳥を描くことができました。
谷口さんが描いたシマフクロウ
<電車に乗る>
早速お店行ってみましょう 先程、新中野で見つけた自分で料理を作るお店が気になっていた渡辺さん。
旅の最後に行ってみることに。
こちらは、自炊感覚で安く食事が楽しめるお店。
使った材料費以外は、
調味料代を含む1人30分200円の基本料金を払うだけ。
早速、料理好きの渡辺さんも手料理に挑戦!
渡辺さん、特製「キムチチゲ」と「野菜炒め」を作り、
ご主人にも試食してもらいました。
すっかり気に入った渡辺さんは、もう一品作り、旅を締めくくりました。
 
もどる