籠竹工芸所
この道50年の職人技が光る!すべらない箸!
この道50年以上の磯貝又四郎さんが作る、竹細工の工房。
磯貝さんは名古屋生まれ。地元で農業用、漁業用の籠や笊の作り方を身に付けた後、どんな物でもつくれるようにと、
京都で花籠、九州でスプーンなどの食器類の作り方を学び、22歳で上京しました。
親戚がいた小岩に工房を構えた後、作った器を柳橋の料亭に持ち込んでみたところ、その出来栄えが気に入られ、
以来、長年にわたり、金田中、銀座石亭、つきじ田村などの名だたる料亭で、料理の器として使われる、
ミニチュアの籠や笊を作ってきました。
50種類以上の編み方を駆使して作られる竹籠は、小さいものでも10年、修理して使えば20年もつそうです。
不況のあおりを受けて、料亭からの注文が減った20年ほど前からは、デパートでの実演販売を始め、
70歳を超えた今も、全国を飛び回っています。
一番のヒット商品は、10年前に考えた「すべらない箸」。
塗り箸や、他の竹箸、先がギザギザの箸ではすべって掴めない濡れたこんにゃくを、いとも簡単に掴む事が出来ます。

職人技が光ります

玉こんにゃくもこの通り!

受験生にも人気です!
最寄駅 小岩駅から徒歩15分
所番地 東京都江戸川区南小岩3−25−9
電話番号 03−3671−4845
特選情報
●商品例●
・すべらない箸 1膳 1,260円〜
今週へもどる