碁盤職人 吉田虎義さん
まさに神技!刀で描く碁盤の目盛り!
碁盤職人の吉田虎義さんは、創業80年になる吉田碁盤店の三代目。
吉田さんは、刀を使い「太刀盛り(たちもり)」という技法で碁盤の目盛りを引いています。
刀を使う「太刀盛り」の技法は、碁盤作りが始まった江戸時代当時、
身近にあるもので真っすぐだったものが刀だった為に生まれました。
碁盤の目盛りの線の引き方には「へら盛り」や「筆盛り」など
定規や機械を使い簡単に目盛りの線を引くこともできますが、吉田さんは、太刀盛りの引き方にこだわっています。
機械では、漆を細く引く事はできず、筆やペンは、線の細い部分や太い部分などブレが出やすいのですが、
太刀盛りは、線がブレにくく、輪郭がハッキリと出て最も良いのだとか。
ただし、太刀盛りは、1発勝負の為、かなりの集中力が必要になり、続けるには精神的にもかなり大変なのだとか。
大変ながらも、全国的に太刀盛りをしている職人が皆無な今、伝統を絶やさぬよう吉田さんは続けていくのだそうです。

吉田寅義さん

太刀盛り

最高級の碁盤
最寄駅 吹上駅から車で約20分
所番地 埼玉県行田市若小玉3813−2
電話番号 048−556−0225
特選情報
[営業時間] 8:00〜22:00
[定 休 日] なし

●販売商品●
・手作りの将棋盤(脚付き)100,000円〜
・  〃 碁盤 (脚付き)150,000円〜

●ホームページ●
 http://www.shogiya.net/
今週へもどる