下線の部分をクリックすると詳細情報があります

本日は渋谷から出発の営団地下鉄銀座線の旅。
初夏の朝は気持ちイイですね。
ぶらり途中下車の旅、初登場の本日の旅人・川野太郎さんとは、
明治神宮で待ち合わせたんですが…
あ!!いました、いました。

しーっ

「しーっ!今、バードウオッチング
しているんだから…」
じつはここ明治神宮は、知られていないだけで、
野鳥がたくさん見られる都会の中の貴重な自然の森。
年間を通して100種類以上の野鳥が確認されています。
神宮の森の案内人・シェアリングアース協会の
藤本さんの案内で、フクロウの巣穴を発見!
カワセミも見ることができて、川野さん大興奮!!

最初から驚きの発見に銀座線の旅にワクワク!!
さっそく乗りこみましょうか!!

最初の途中下車は、表参道。

ぶらり歩いていくと、ん?!中国茶?
今、ブームですものね!
興味津々で川野さん、あらら、
入っていってしまいましたよ。
中国茶房・遊茶は本格中国茶を堪能できるお店。
川野さん、店長にやさしく説明を受けながら、
中国茶の入れ方に初挑戦!
香り・味ともに優雅に楽しみ、
心も体も健康になった気分!!

中国茶房・遊茶

さて、お次は、路地裏探検!
おしゃれな街並みから一歩裏道を行くと、がらりと風景も違いますね。
あれ?水車?
一見雑貨屋さんのようなのに、水車模型が店内をびっしり!
伺うとこちらのご主人、昔、近くにあった水車を思い出して、
設計図も無しで水車模型を作っているんですって!
見事な出来ばえに思わず足を止める人もいるとか…

1つ角を曲がると、小さな森を思わせるガーデニングショップが。

『寄せ植え』

「うちの奥さんも最近
 ガーデニングにはまっているんですよ」
最近は、小さなベランダでも楽しめる『寄せ植え』が人気。
「僕も1つ作ってみたいな…あ!!そうだ!!」
突然走り出した川野さん。
戻ってきたと思ったら、
どうやらさっきの水車模型1つ買ってきたんですね!
水車模型と合わせて、涼しげなオリジナル寄せ植えを
完成させて、川野さんも満足!

若者の街・表参道からお次の途中下車はサラリーマンの街・新橋。

おっと、川野さん、いきなり立ち止まって一体どうしたんですか?
「景気上昇最中??」
え?!景気は回復したんですか?!

事の真相を確かめるべく、川野さん、
和菓子屋とおぼしき店内へ…
あはっ!もなか!!
「景気上昇最中」って書いて、
「もなか」だったんですね。
こちらの最中、これがまた縁起がイイんですよ。
黒字になるようにと沖縄産の黒糖を
こしあんに混ぜて、コクのある美味しい最中!
お得意先に持っていくお菓子としても
サラリーマンに人気なんですって!

あはっ!もなか!!

さて、次は銀座線とくれば銀座。当たり前といわんばかりに途中下車。

料亭 石蕗

久々の銀座に川野さん、
どんどん歩いて行っちゃいましたよ。
おや、風流ですね。軒先で水うちとは…
落ち着いた趣のあるこちらの建物は、老舗の料亭
なんと料亭料理をランチ・2500円で
食べさせてくれるんですって!!
川野さんも料亭の本物の味と雰囲気に大感激!!
最後に出てくる女将さんの
手作りコーヒーゼリーも絶品!!

次は、三越前で途中下車。

あれ?大きな道路の道端で、おばあちゃんが…
何やっているんでしょうね。
ヘラで苔を取っているんですか?

伺えば、盆景作りのための材料を
集めていらっしゃったんですって。
と、言われても、盆景って??
早速、おばあちゃんの家に盆景を見せてもらいに…
見事な盆景に川野さんも驚き!
おばあちゃんに教わりながら、
川野さんも盆景に初挑戦!!
なかなかの出来映えでしょ?!

盆景作り


終点の浅草につきました。
浅草と言えば、雷門に仲見世通り。川野さん歩きますが、人・人・人…
道を1本はずれましょう。

時代屋

え?!何??今、籠走ってなかった?!
追いかけましょう!!
追いついた先は、観光人力車屋
こちらの人力車屋、人力車はもちろん、
時折、籠や輪タクでの観光案内もやっているんですって。
さらに、このほど人力車資料室を開設。
大正時代の文化財的な人力車も展示されています。
あれ?!川野さん、いつの間に人力車夫に?!
1度人力車引いてみたかったんですって。
それにしても大変なお仕事なんですね。
川野さんもクタクタ。

人力車を引いたら、なんだかお腹がすきましたね。

おや?!何やってんの?
うなぎ!! 生きてるじゃん!!
子供達が活うなぎをお店に運んでいる所に遭遇。
もちろん付いていくことに!
こちらのうなぎ屋さん、注文後に活うなぎをさばき、
創業明治40年以来、
つぎ足しながら使っている特製のタレにつけ、
七輪の炭火で丁寧に焼き上げる正統派うなぎ屋。
川野さんふっくら焼きあがったうな重と、
どんぶりに入った50円の肝吸いに大感激!

初小川

「また、ぶらり旅、したいな!!」初めてのぶらり旅に、感激の川野さんでした。

 

もどる