新三郷駅

ギネスブックにも掲載された、知られざる世界一の駅

新三郷駅は、つい最近まで上下線ホームが300mも離れていたという驚きの駅です
利用されていた方は、行きに入った改札と帰りに出る改札とが300m離れていたために、
行きか帰りかで、この300mを余計に歩くことを余儀なくされていたんです
元々この辺りは、広大な操車場があったために上下線ホームを離さざるをえなかったそうで、
94年版ギネスブックにも「上下線ホームが世界一離れている駅」として掲載されています
せっかくの記録でしたが、残念ながらというか、利用客にとっては待望の工事によって
今年の3月に駅舎が1つになり、2本の線路も近づけられました
毎日300mを歩いていた利用者の皆さん、今までご苦労さまでした

毎日この橋を渡っていたんです

今週へもどる