ドラマコンプレックス
バックナンバー 掲示板 テーマソング アンケート スタッフ日記 トップページ
日テレ

ふたつの祖国〜東京・ソウル 愛と哀しみの絆
2005年11月22日 21:30〜23:24 放送
中原 和海/椎名 桔平 キム・ユンヒ(ハン・ミョンスン)/ヘヨン
江口 美紗/本上まなみ イ・ヤンジェ/根岸季衣
パク・ヨンジン/池内 万作 永尾 文哉/光石研
今西 課長/浅見小四郎 武上 主任/加藤 満
新田 刑事/斉藤剛 玉井/織本順吉
林田 信夫/三谷昇 江口 正隆/寺田農
キム・テグオン(高嶺康雄)/山崎 努
原作・脚本/鎌田 敏夫
監 督/猪崎 宣昭
プロデューサー/佐藤 敦 倉田 貴也 荒木 功 元信 克則
ふたつの祖国 〜東京・ソウル 愛と哀しみの絆
日本と韓国を舞台に、政治・社会情勢などを絡めながら展開する本格的推理サスペンス。刑事殺しの捜査線上に浮上したのは、31年前に発生した強盗殺人事件の主犯と見られる韓国人の男。生死不明のその容疑者の行方を求めて韓国に行った主人公の刑事は、驚愕の事実にブチ当たる。なんと主人公は、容疑者と日本人の母親との間に生まれていたのだ。容疑者である父親は生きているのか、死んでしまったのか。刑事を辞めた主人公は、父親が逃亡したと見られる韓国に再度渡り、捜査を開始。だが、主人公の前には、奇妙な人物が次々と現われて――。果たして、主人公の父親の正体とは? なぜ、日本、韓国両国に渡る大掛かりなトリックが仕組まれたのか? 図らずも自分に2つの祖国があると知った主人公が、父親の真の姿を求めて奮闘する。
     ×     ×    
父とも慕う刑事・江口正隆(寺田農)が殺されたと知った後輩の中原和海(椎名桔平)は、敵を討つべく捜査を開始。現場近くで焼死した男が犯人の可能性が高まる。韓国からやって来た女、ハン・ミョンスン(ヘヨン)の話などから、焼死した男がミョンスンの父、ハン・チュンジン、日本名・高嶺康雄と判明する。高嶺は、31年前発生した3人組による強盗殺人事件の主犯。定年を間近に控えた江口は、韓国に渡って捜査したらしいのだ。そんな中、31年前の調書を見ていた中原は、なんと自分が高嶺の息子だと知り、驚愕。焼死した男と自分のDNA鑑定をした中原は、血縁が全くないと知り、事件の裏に大きなトリックがあると気付く。
ふたつの祖国 横浜の埠頭で、刑事殺人事件が発生。被害者・江口正隆(寺田農)を親とも慕う後輩刑事の中原和海(椎名桔平)は、敵を討つべく捜査を開始した。捜査陣は、現場近くで炎上した車を犯人が使用したものと特定。車内で焼死体で見つかった男が犯人との見方が強まった。
 そんな折、韓国からやって来たハン・ミョンスン(ヘヨン)という女が、焼死した男が自分の父親、ハン・チュンジンではないか、と中原ら捜査陣に申し出た。かつて日本にいたハンの日本名は、高嶺康雄。定年を間近に控えた江口は、半年程前、韓国のミョンスンの自宅を訪ね、ハンの事情聴取をしたらしいのだ。江口が追っていたのは、31年前に発生した3人組による強盗殺人事件。共犯の2人の男はすぐに自首したが、主犯のハンは事情聴取の後、韓国に逃亡していた。逃亡先が海外のため、時効は成立していなかった。
 歯型のカルテ、身体の傷などから、焼死した男がハンと確認された。だが、ハンを高嶺とする物証が欲しい中原は韓国のミョンスンの自宅を訪ね、指紋照合用にハンの茶碗を受け取った。そして、鑑定の結果、焼死体の男とハン、そして、高嶺が同一人物と判明。31年前の事件で自首を促がされたハンが江口を殺害して自殺した、との可能性が濃厚となった。
 まもなく、31年前の事件調書を調べていた中原は、高嶺の内縁の妻の名前が消されていることに注目。かつて、江口と捜査を共にした玉井(織本順吉)の話から、それが江口の仕業らしいと知った。そして、科捜研による検査、古い写真を見た玉井の証言から、高嶺の内縁の妻がなんと中原の母親・中原園子(春木みさよ)であることが判明。衝撃の事実を突きつけられた中原は、否応なく上司に辞表を提出した。
 ところが、DNA検査によると、父親であるはずの焼死体の男と中原は、全く血縁がない。事件の裏に巧妙なトリックが隠されているとにらんだ中原は、後輩の刑事・永尾に協力を求め、疑惑だらけの父親を捜すため、単身ソウルに乗り込んだ。
 中原がすぐさま向かったミョンスンの自宅は、空き家になっており、手掛かりは全くなくなっていた。永尾からの情報では、31年前の主犯は、実は、共犯と供述し金を全て手に入れた志賀という男。もう一人の共犯の男・林田(三谷昇)の話によると、志賀は、高嶺が二度と日本に来れないようにするため、韓国当局に、北朝鮮のスパイだと通報したらしい。
 ある日、中原は、ソウル市内で高級車に乗っているミョンスンらしき女を発見した。中原は女に追いすがるが、女は完全に無視する。永尾の調査によると、その車の所有者は、次期大統領選に出馬する国会議員のキム・テグオン(山崎努)。どうやら車に乗っていたのは、キムの娘、キム・ユンヒらしい。この男が自分の父親ではないかと考えた中原は、公衆の前に姿を見せたキムに声を掛けた。だが、反応は全くなく、あっさりSPに拘束された中原は、顔見知りになった刑事、パク・ヨンジン(池内万作)に帰国を促がされた。
  そんな中、空港で偶然、ミョンスンを見つけた中原は、ミョンスンの母親(根岸季衣)から、北のスパイと間違えられ拷問されたチュンジンとのなれ初めを聞く。しかし、ミョンスンがキム・ユンヒだと察知した中原は、自分が高嶺の息子だと明かし、キム・テグオンに会わせるよう迫るが――。



windows media player
movieをご覧になるにはwindows media playerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。
flash
このサイトをご覧になるには FlashPlayerが必要です。macromediaサイトからダウンロードしてください
ドラマコンプレックス