ドラマコンプレックス
バックナンバー 掲示板 テーマソング アンケート スタッフ日記 トップページ
日テレ

浅草美女の湯殺人事件
2005年12月13日 21:00〜22:54 放送
宝田香代子/泉ピン子 宝田恭介/森本レオ 
南舞子/熊谷真実 南新平/西岡徳馬 工藤典子/東ちづる
中川(北条)紀美子/末來貴子 工藤一哉/太川陽介  
工藤良太/佐野観世 高山寅男/山本龍二
野口課長/石井愃一 石井刑事/嶋田豪 
川村刑事/根本博成
『富士の湯』常連客
安雄/小野ヤスシ シゲさん/三角八廊 先生/梅津栄
五郎/コアラ 好江/鷲尾真知子 照子/石井トミコ
スミ子/水町レイコ 花子/杉村暁
スナックのママ/大和なでしこ
脚本:坂上かつえ
監督:吉川一義
プロデューサー:金田和樹(日本テレビ)
         :石坂久美男(近代映画協会)
         :里中哲夫(近代映画協会)        
浅草美女の湯殺人事件
 東京・下町の銭湯で女将をしている主人公が、地元で起きた難事件を、家族らの協力で解決する人情味たっぷりの謎解きサスペンス。荒川の河川敷で、主人公も知る蔵前の銭湯の主人殺しが発生。警察の捜査が進む中、主人公は、被害者の6歳になる一人息子に事件解決の手掛かりが隠されていると気付く。そして、捜査を進めた結果、わが子のためなら命も惜しまない母親の悲しい愛が明らかになる。

荒川の河川敷で蔵前の銭湯『草の湯』の主人・工藤一哉(太川陽介)の刺死体が見つかった。工藤は、妻・典子(東ちづる)、一人息子の良太(佐野観世)と三人暮らし。警察は、工藤とトラブルがあった業者を調べるが事件とは繋がらない。そんな中、典子と顔見知りの『富士の湯』の女将・宝田香代子(泉ピン子)は、姿が見えなくなった良太を連れて戻ってきた中川紀美子(末來貴子)という女に注目。警察が指紋を調べた結果、紀美子に思わぬ前科があることが判明して−。
浅草美女の湯殺人事件 蔵前の銭湯『草の湯』を中傷するビラが撒かれて程なく、その主人・工藤一哉(太川陽介)の刺死体が荒川の河川敷で見つかった。 工藤は、妻・典子(東ちづる)、6歳になる一人息子の良太(佐野観世)と三人暮らし。『草の湯』は工藤が先代の父親から継いだのだが、 実際は典子が切り盛りしていた。銭湯の仕事が嫌いだった工藤は、結婚後、単身甲府に行って会社を興したが失敗し、父親の死をきっかけに 東京に戻ってきていた。
 警察は、工藤とトラブルを起こし中傷ビラを撒いた可能性が高いボイラー業者の高山寅男(山本龍二)を調べるが事件とは繋がらない。 銭湯組合の会議で典子と仲良くなった『富士の湯』の女将・宝田香代子(泉ピン子)は、少しでも手助けをしてあげようと考えて良太を預かった。
 まもなく、店の前で遊んでいた良太の姿が急に見えなくなった。香代子、その夫・恭介(森本レオ)、義妹の舞子(熊谷真実)らが慌てて探し回る中、 良太を連れて戻ってきたのは、近くのウイークリーマンションに住んでいる中川紀美子(末來貴子)という女。紀美子と典子との間の奇妙な空気を感じ取った警察は、 その周辺捜査に乗り出した。良太がいなくなった夜、工藤が紀美子のマンション近くにいたとの目撃証言もあったのだ。
 この紀美子の指紋から思わぬ事実が明らかになった。紀美子は、7年前、勤務していた甲府の信用金庫から5000万円を横領し逮捕されていた。 警察の取調べに対し、紀美子は、勤め先から横領した金を全て遊興費に使ったと供述。だが、警察は、紀美子が当時付き合っていた愛人の工藤に 全てを貢いだとにらんだ。その時、妊娠していた紀美子は、警察署内で出産し、昨年出所していた。警察は、紀美子が頼みの綱の工藤に冷たくされて 犯行に及んだと見て、更なる捜査を続けた。
 そんな中、赤信号で横断歩道に飛び出した紀美子がトラックにはねられ、意識不明の重態となった。紀美子への容疑を強めていた警察は、事件が被疑者 不特定のまま終了することを危惧する。
 ところが、服役中に施設に引き取られた紀美子の子供が、子供の出来ない夫婦にもらわれ、その際、夫の意向が強く働いていたことが判明。 これを知った香代子は、泥だらけの良太の靴下をこれでもかというほど真っ白になるまで洗濯していた紀美子のことを思い出した。 そして、紀美子が、真犯人の正体を知りつつも、良太のために自らトラックに飛び込んだと気付いて−。


windows media player
movieをご覧になるにはwindows media playerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。
flash
このサイトをご覧になるには FlashPlayerが必要です。macromediaサイトからダウンロードしてください
ドラマコンプレックス