次回放送内容
 
11月7日(火)21:00〜22:54
検事 霞夕子SP 悪徳政治家は許さない
出演
霞夕子(37) / 真矢みき
桜木みどり(28) / 井上和香
島岡梓(39) / 清水ミチコ
富永典子(34) / 光浦靖子
富永良江(57) / 正司歌江
栗山真二郎(50) / 平泉成
須藤浩一(42) / 佐渡稔
石垣進(36) / 加瀬尊朗
臼井純一郎(45) / 津田寛治
小山田高志(32) / 矢柴俊博
大賀八千代(33) / 滝沢沙織
天沼道信(48) / 中丸新将
天沼光教(38) / 大鶴義丹
柏木美輪(43) / 小柳ルミ子
スタッフ
原作 / 夏樹静子(『白い影』より)
脚本 / 前川洋一
監督 / 赤羽博
プロデューサー /
  佐藤敦(日本テレビ)
  池田健司(日本テレビ)
  荒木功(ユニオン映画)
  岩崎文(ユニオン映画)

 
photo


 
みどころ
 東京地検刑事部のらつ腕女性検事・霞夕子(真矢みき)が、立ちはだかる様々な難事件を、抜群の推理力と女のカンを駆使して解決するシリーズ。今回の事件は、IT企業の社長が自邸内で刺殺された事件。現場は、センサー付きの高い塀と内側から鍵が掛かった頑丈な門に守られており、いわば「密室」状態。邸内にいた主な関係者は、被害者の弟と女性国会議員の2人。捜査を進めた夕子は、事件に女の嫉妬が絡んでいると察知。やがて、真犯人が考えた驚きのトリックに気付く。

 マスコミにも頻繁に登場するIT企業の社長・天沼道信(中丸新将)が、自邸内の母屋で刺殺された。現場の状況から、警察は関係者による犯行と断定。当時、邸内の離れにいたと証言する道信の弟で常務の光教(大鶴義丹)と、道信が後援会長をしている参議院議員・柏木美輪(小柳ルミ子)の2人が、取り調べを受けた。だが、2人の所持品などから、犯行時に大量に飛散したと見られる血痕は検出されなかった。そんな折、道信と親密な関係にあったタレントの大賀八千代(滝沢沙織)が、犯行時間当時、現場にいたことが判明。その自宅から被害者の血痕の付着した衣服が発見されたことから、警察は八千代の逮捕に踏み切った。


あらすじ
photo 今をときめくIT大手『トレードヘブン』の社長・天沼道信(中丸新将)の刺殺体が、自邸内の母屋で発見された。防犯センサー付きの高い塀と内側から鍵が掛かった頑丈な門で守られた邸内は、いわば“密室”状態。ディナーの準備が整った現場に血だらけで倒れていた被害者の所持品が無事だったことから、警察は、内部の事情に通じた関係者の犯行と見て捜査を開始した。
 事件発生当時、被害者以外に邸内にいたのは、道信の弟でトレードヘブン常務の光教(大鶴義丹)、住み込みの守衛と家政婦、そして、客室となっている離れにいた元女優の参議院議員・柏木美輪(小柳ルミ子)の4人。道信の客や重役も利用する離れは、その日、道信が後援会長をしている美輪がたまたま宿泊していた。事務官の桜木みどり(井上和香)と共に現場にやってきた霞夕子(真矢みき)は、さっそく関係者の事情聴取を開始した。
photo 光教は、帰宅後、母屋に入ったものの道信には会っていないと証言。これに対し、道信と一緒にやって来たという美輪は、次期参院選の推薦を確約してもらった後、離れに向かったと話した。そして、料理好きの道信が作ったらしいディナーに関する話は、2人から全く出なかった。夕子は、話を聴くうち、離れで寝たと言い換えた光教が美輪と親密な関係にあるらしいとにらむが、犯行時に大量に飛散したと見られる血痕が2人の所持品からは検出されなかった。
 そんな中、マスコミ報道から、道信がタレントの大賀八千代(滝沢沙織)と親密な関係にあることが明らかになった。警察は、その指紋が現場で検出されたこと、自宅で被害者の血痕が付着した衣服が発見されたことなどから、夕子の了承を取らずに八千代の逮捕に踏み切った。取り調べに対し、合鍵を使って現場まで行ったと言う八千代は、道信の死体を発見したが怖くなって逃げ出したと供述したが、殺害に関しては否認。だが、警察は、自供を得られぬまま八千代を送検した。
 自分自身で八千代の取り調べを行った夕子は、興味深い証言を得た。道信は、次の参院選で、美輪ではなく、それより10歳も若い八千代を推薦すると確約し、八千代もその心つもりをしていたと言うのだ。八千代が何者かにはめられたとにらんだ夕子は、公判が維持できないとの理由で八千代の不起訴を決め、その捜査のターゲットを議員会館にいる美輪に向けた。美輪は、比例代表で参議院議員に当選している。道信が八千代の推薦を決めたとなると、美輪に当選の目は全くないのだ。
 不起訴を決めたことで捜査一課主任・臼井(津田寛治)らの反発が強まる中、夕子が注目したのは美輪と道信の関係だった。若手刑事の小山田(矢柴俊博)に捜査を頼んだ夕子は、まもなく、道信が5年ほど前まで美輪と親密な関係にあり、その後、八千代に乗り換えていたことを掴んだ。嫉妬と政治家の地位を失う悔しさは、十分殺害の動機となりうる。
 美輪こそ真犯人だとにらんだ夕子は、血痕が付着したと見られる衣服の捜索を開始。まもなく、潔癖症と自認する美輪のその性癖に着目して・・・