次回放送内容
 
11月28日(火)21:00〜22:54
警視庁鑑識課<第9班>ミッドナイトブルー
出演
松原唯 / 菊川怜
権藤正憲 / 石橋凌
山下仁史 / 鳥羽潤
鈴木敬一郎 / 峰竜太
金村芳江 / 広田レオナ
野田恭子 / 高橋かおり
野田孝夫 / 正城慎太郎
野田翔子 / 上永田朱莉
小林ヒロシ / 遠藤篤
リエ / 大田ななみ
吉岡勝 / 渡辺寛二
矢内純一 / 大浦龍宇一
五十嵐誠二 / 矢島健一
平泉幸太郎 / モト冬樹
高岡清志 / 菅田俊

スタッフ
原作 / 北林優
脚本 / 田中孝治
監督 / 猪崎宣昭
プロデューサー / 佐藤敦(日本テレビ)
            小林紀子(日本テレビ)
            北島和久(日本テレビアート)

 
photo


 
みどころ
 かつて自分のミスから恋人でもあった同僚刑事を死なせた過去を持つ警視庁の女性鑑識班員・松原唯(菊川怜)と、独断専行の仕事ぶりから捜査一課の鼻つまみ者となっている刑事・権藤正憲(石橋凌)――。この2人が都内で起きた奇妙な、そして、恐ろしい事件の驚愕の謎に迫る推理サスペンス。2人は、河川敷で起きた刺殺事件と、都内の公園で連続して発生している子供の事故死を捜査するうち、全ての死が、何者かが行っているらしい臓器売買につながっていると気付く。

 江戸川の河川敷で発生した刺殺事件の現場検証を行った警視庁鑑識班員の松原唯が、都内の公園で連続して発生している子供の事故死の現場で、同じスニーカーの足痕跡を発見。これを知った捜査一課の権藤正憲は、刑事のカンで事件の可能性があると推理する。ところが、権藤の指示で死亡した子供たちの足取りを捜査していた若手の刑事・山下仁史(鳥羽潤)が踏切事故で死亡してしまった。何らかの手掛かりを掴んだ山下が犯人に口封じされたとにらんだ権藤は、唯の協力で捜査を進めて――。


あらすじ
 都内の河川敷で野田孝夫(正城慎太郎)という男の刺殺体が見つかった。付近の聞き込みを行った警視庁の刑事たちは、現場から逃走する姿が目撃された小林ヒロシ(遠藤篤)という少年を犯人と断定して直ちに手配。だが、現場を調べた女性鑑識課員の松原唯(菊川怜)は、落ちていた血痕の形状から、犯人がケガをしている別の人物だと主張し、捜査陣の中で独り浮いてしまった。
 まもなく、唯は、都内の公園で連続して発生している子供の事故死の現場で、刑事の権藤正憲(石橋凌)と顔を合わせた。権藤は、その独断専行の仕事ぶりから、捜査一課のお荷物的な存在と見られている刑事。その権藤が、事故が発生した全ての公園で同じスニーカーの足痕跡を採取したとの唯の鑑識結果を聞いて興味を示した。子供たちの死は検死では問題は無かったが、権藤は刑事としてのカンから事件の臭いを感じたのだ。

 ところが、権藤に代わって子供たちの足取り捜査を始めた若手の刑事・山下仁史(鳥羽潤)が、何と踏切事故で死亡してしまった。何らかの手掛かりを掴んだ山下が口を封じられたと直感した権藤は、リベンジに燃える。権藤が注目したのは、犯人と思しき人物から掛かってきた挑発の電話。それは、矢内純一(大浦龍宇一)という変質者が容疑者になった未解決の連続少女殺人事件の時と同じような電話であった。
 若い女と逃走中の小林が検問を突破したとの連絡が入って程なく、とあるアパートの一室で野田の妻・恭子(高橋かおり)の変死体が発見された。野田夫婦には翔子(上永田朱莉)という6歳の一人娘がいたが、その姿は見えない。鑑識班係長の鈴木敬一郎(峰竜太)らと共に現場検証を行った唯は、恭子の腹部に致命傷となったと見られる刺し傷を確認。死亡推定時刻などから、野田殺しの犯人が恭子で、河川敷での揉み合いの中で負傷し、現場の部屋で失血死したと見た。そして、乗り捨ててあった小林の車の中から、野田と恭子の血液が付着したナイフが発見されたことから、小林が何らかの理由で負傷した恭子を現場の部屋まで運んだとにらんだ。

 小林が野田夫妻を殺したとする捜査陣の中で唯がさらに孤立している頃、山下が残した手掛かりを元に捜査を進めた権藤は、金村芳江(広田レオナ)という外科医にたどり着いた。多額の借金をどうやってか一度に完済したらしい顔見知りの吉岡(渡辺寛二)という男が芳江の患者だと知った権藤は、直ちに事情聴取。その結果、吉岡がなんと芳江経由で何者かに自分の腎臓を売り、そのカネで借金を返していたことが明らかになった。
 公園で子供たちが死亡した日が全て芳江の非番の日だと知った権藤は、芳江の狙いが小さな腎臓ではないかと推理した。行方不明だった翔子が死体で発見されたとの連絡が入り、死体で発見された子供たちがドナーとして不適合だったため、事故に見せかけて殺されたらしいことも分かった。そして、捜査の結果、臓器売買のブローカーをやっていた野田が、カネに困り、わが子の腎臓も狙っていた可能性が浮上した。
 まもなく、唯が現場の公園で採取した毛髪が芳江のものと判明。連絡を受けた権藤は、芳江に迫った。だが、芳江は、臓器の売買は認めたものの、その黒幕の名を明かさないまま、自殺して――。