次回放送内容
 
12月12日(火)21:00〜22:54
カリスマ占い師殺人鑑定
出演
すずこ(55) / 宮本信子
太田三郎(53) / 矢崎滋
宮内綾(36) / 涼風真世
宮内信之(40) / 梨本謙次郎
吉本健一(18) / 杉浦太陽
織田美登利(32) / 渡辺典子
石井晃(30) / 唐渡亮
宮内史子(65) / 原知佐子
千恵(28) / 角田ともみ
秋庭刑事(45) / 千葉哲也
杉山刑事(28) / 伊東貴明
先代の占い師(65) / 佐々木すみ江
スタッフ
脚本 / 宇山圭子
監督 / 松島哲也
プロデューサー /
  高橋秀明(日本テレビ)
  角田昇(アウル21)
  伊東雅子(アウル21)
音楽 / 糸川玲子
 
photo


 
みどころ
 東京の繁華街の裏通りで、長年占い師を続けているすずこ(宮本信子)――。ワケあって18歳の甥っ子・健一(杉浦太陽)と2人暮らしのこの主人公が、身近な所で起きた事件を、得意の眼力と推理で解決する謎解きサスペンス。子宝に恵まれない夫婦を占った主人公は、入り婿であるその夫が何者かに殺されたと知り捜査を開始。やがて、浮気をして追いつめられた夫の苦悶とその胸の内を知ることになる。

 都内の賃貸マンションの空き室で、宮内信之(梨本謙次郎)という不動産屋が殺害された。以前、子宝に恵まれないとやってきた信之とその妻・綾(涼風真世)を占ったことがあったすずこは、興味を抱いて調べ始める。入り婿で、綾の母親に辛く当たられていた信之が、織田美登利(渡辺典子)という女と浮気をして妊娠させ、かなり追いつめられていたことを突き止める。だが、なおも調べを進めたすずこは、驚愕の事実を掴んで――。


あらすじ
 東京の繁華街の裏通りで占い師をやっているすずこ(宮本信子)は、1年前、子宝に恵まれないという宮内信之(梨本謙次郎)、綾(涼風真世)夫婦の悩みを聞いて以来、この2人、そして、綾の母・史子(原知佐子)と親しく挨拶をかわすようになっていた。史子は不動産屋の社長をしており、信之は入り婿。結婚8年目になってもまだ子供を授からなかったこともあり、史子が信之に辛く当たる。綾はそんな信之を懸命にかばっていた。
 ある日、すずこはふらりと1人で現れた信之の表情が暗いことに気付いた。人間関係で悩んでいるふうの信之は、何かの決断を迫られている様子。信之に凶相を見たすずこは、必ず明日も相談に来るよう告げた。
 すずこの予感は的中し、翌日悲しいニュースとして伝わった。なんと信之が賃貸マンションの空き室で殺されて見つかったのだ。警察は近くの水路で『M』のイニシャルがある凶器の裁ち鋏を発見、その持ち主で洋裁店をやっている織田美登利(渡辺典子)の取り調べを開始。葬儀に参列したすずこは、綾の話から、ようやく事件のあらましを知った。

 それによると、信之は、3ヶ月前部屋を斡旋したのがきっかけで、美登利と付き合い始めた。綾は、一昨日、この美登利から信之の子を妊娠したから別れて欲しい、と迫られたらしいのだ。関係者の話によると、美登利は妊娠2ヶ月。すずこは、常連客の千恵(角田ともみ)からの情報で、信之が1人で産婦人科医院にいたと知り、それが美登利の妊娠に関係していると思った。
 まもなく、顔見知りの巡査・太田三郎(矢崎滋)の情報から、美登利が3ヶ月前まで別の男と同棲していたことが明らかになった。ダーツバーの店長をやっているその男・石井晃(唐渡亮)は、すずこにも絡んできたことがあるタチの悪い男。警察は姿をくらました石井を美登利の共犯とみて手配しているらしい。千恵の話を思い出したすずこは、事情を知った信之が美登利のお腹の子の父親を確認するために、産婦人科医院に行ったのではないかと考えた。

 ところが、美登利に会ったすずこは、意外なことに気付いた。千恵が信之を目撃した医院と美登利が通っている医院は別。つまり、信之は別の目的で産婦人科医院に行っていたことになるのだ。そして、三郎経由で調べてもらった結果、信之が産婦人科医院で不妊の検査をし、医師から子供は望めないと通告されていたことが明らかになった。
 自分が妊娠させていないことを知りつつ、優しさと罪悪感から、裁ち鋏を握りしめて自殺をほのめかす美登利に堕胎のための金を渡していた信之。警察に拘束された石井が信之殺しを否認する中、すずこは、子供を作れない信之がその将来のことを心配していた綾に注目して――。