次回放送内容
 
1月16日(火) 21:00〜22:54
“現代に甦った”闇の死置人
〜あなたの怨み晴らします〜
第1話『見えない殺人者』
出演
田崎宏介 / 宅麻伸
田崎渚 / 星井七瀬
田崎恵 / 岩本千春
上司 / 村松利史
不良 / 猪狩賢二
渚の教師 / 木阪佳史
高山圭吾 / 入江雅人
死置人 / 林家木久蔵
三遊亭小遊三
山田隆夫
スタッフ
総合演出 / 高橋利之(日本テレビ)
脚本 /
  石原健次(第1話)
  山名宏和(第2話)
  佐倉一郎(第3話)
構成 /
  藤澤学
  杉山奈緒子
監督 /
  木下仁志(第1話)
  田島与真(第2話)
  西原信行(第3話)
プロデューサー /
  池田健司(日本テレビ)
  高松明央(いまじん)
  佐藤敦(日本テレビ)
協力プロデューサー /
  松岡至(日本テレビ)
音楽 / 斉藤英夫
 
photo


 
みどころ
『おもいッきりテレビ』などでおなじみのみのもんたが、この世にはびこる悪を成敗するために甦った“闇の死置人”のボスを演じる3話連続のオムニバスドラマ。ストーリー内には、『おもいッきりテレビ』の出演者が顔を出すほか、それぞれにユニークな死置人たちが登場し、一風変わった“死置ワザ”を披露する。


あらすじ
  一流企業の人事部長をしている田崎宏介(宅麻伸)は、通勤途中の電車の中で、若い女に痴漢の嫌疑を掛けられた。幸い周囲にいた乗客の証言で無実が証明されたが、騒ぎはそれで収まらなかった。まもなく、会社に、田崎が痴漢の常習犯だとの内容の電話やメールが立て続けに入り、揚句の果て、三流週刊誌に面白おかしく扱われる事態となったのだ。田崎は、弁明の機会も与えられないまま、世間体を第一に考える会社側に自宅謹慎を指示され、さらに関連会社への異動を命じられた。

 そんな折、田崎は、一人娘の渚(星井七瀬)が、何者かに暴行されたと知り、愕然となった。そして、暴行の写真を撮ったという犯人にビルの屋上に呼び出された田崎は、そのまま命を奪われてしまった。
 田崎の死が自殺と報道される中、田崎の妻・恵(岩本千春)と渚は、葬儀場に現われた大門(温水洋一)という男から、その死が殺人だと告げられた。大門の話によると、田崎の命を奪い、渚を不良に襲わせた犯人は、2年前、会社からリストラされた問題社員の高山(入江雅人)。女子トイレ内での盗撮を繰り返して解雇された高山は、田崎を逆恨みし、ついにその命まで奪ったのだ。高山の渚と恵へのイヤガラセはなおも続いていたのだが、大門の話によると、高山を法律的に罰することはなかなか難しいらしい。
 大門から恨みを晴らしてやる、と持ち掛けられた渚らは、二つ返事で復讐を依頼。大門から報告を受けた闇の死置人のボス・みのもんた(みのもんた)は、林家木久蔵(林家木久蔵)、三遊亭小遊三(三遊亭小遊三)、山田隆夫(山田隆夫)の死置人に、高山抹殺を命令した――。