次回放送内容
 
1/23 21:00〜22:54
マイ☆スィートホーム〜夢野大吉・夢を売ります〜
出演
夢野大吉 / 石塚英彦
夢野あおい / 黒川智花
緑川あき / 佐藤江梨子
青田信夫 / 笹野高史
緑川源一 / 久保晶
赤木友里 / ちすん
夢野うらら / 美山加恋
夢野いたる / 深澤嵐
夢野えりか / 遠藤真宙
夢野おさむ / 熊谷瑠衣
大隈茂雄 / 左右田一平
大隈稔子 / 渋谷琴乃
白石秀樹 / 杉浦真宏
毛利竜也 / 谷山毅
夢野香苗 / 戸田菜穂
毛利保 / 近藤芳正
毛利沙織 / 南野陽子
スタッフ
脚本 / 川嶋澄乃
監督 / 淡野健
協力プロデューサー / 前田伸一郎(日本テレビ)
プロデューサー /
  池田健司(日本テレビ)
  杉村治司(テレパック)
  黒沢淳(テレパック)
タイトル・題字 / 石塚英彦
 
photo


 
みどころ
photo  住宅販売の営業マンをやりながら、男手一つで5人の子供を育てている主人公・夢野大吉(石塚英彦)の、汗と涙、夢と希望を描いた感動ドラマ。以前、一戸建てを購入したものの、シックハウス症候群が原因で愛妻を亡くした主人公は、みんなに安心して幸せに暮らせる家を提供しようと住宅販売会社の営業マンに転進。住みたい家と予算のギャップに悩むお客に、さまざまなアドバイスを与えながら奮闘する。笑顔と愛嬌いっぱいのお父さんが頑張る幸せ家族応援ドラマ。

  住宅販売会社の営業マンをやりながら、5人の子供を男手一つで育てている夢野大吉。笑顔を振り撒きながら頑張る大吉に、勤め先の社長・青田信夫(笹野高史)や、建築士の緑川あき(佐藤江梨子)は、協力を惜しまない。そんなある日、大吉は、一戸建ての購入を希望している毛利保(近藤芳正)、沙織(南野陽子)夫婦が、住みたい家と予算のギャップで悩んでいると知りアドバイスする。しかし、世間体を考える沙織は、他の会社が販売している破格の一戸建てが気に入ってしまい――。


あらすじ
photo  横浜にある住宅販売会社・桜木ホームズの営業マン・夢野大吉(石塚英彦)は、今日も笑顔でアフターサービスをしながらお得意さん周りをしていた。桜木ホームズ社長の青田信夫(笹野高史)のモットーは、家族が安心して幸せに暮らせる家作り。数年前、整体師からこの業界に転進した大吉は、今やこの会社の重要なメンバーで、青田はもちろん、大工の棟梁・緑川源一(久保晶)、その孫で建築士のあき(佐藤江梨子)も、その活躍ぶりを頼もしげに見守っていた。
  大吉は、7年前、妻・香苗(戸田菜穂)を亡くしたため、16歳の長女・あおい(黒川智花)を筆頭に5人の子供たちを男手一つで育てていた。大吉の家は、古いアパートの一室。あおいは、遊びたい年頃ではあったが、弟や妹の母親代わりをしながら、高校生活を送っていた。   そんなある日、大吉は、ライバルのエンパイアハウジングが破格の値段で分譲している一戸建てをこっそり内見。そこで、少し前、桜木ホームズの住宅展示場に、夫・毛利保(近藤芳正)と一緒に来ていた妻の沙織(南野陽子)と顔を合わせた。毛利夫妻は、住みたい家と予算のギャップで悩んでいたのだが、一人でやって来た沙織は、エンパイアハウジングの白石秀樹(杉崎真宏)のセールストークに感激した面持ちだった。

  まもなく、毛利が、例の破格の物件の資料を携えて、桜木ホームズに意見を聞きに来た。大吉と一緒に話を聞いた青田は、壁表面・内部の防火処置や塗料・接着剤など目に見えない部分で手抜きをしている可能性がある、と専門家として率直な感想を伝える。そして、大吉は、夢を語り合う家選びの大切さを訴えた。この親身な対応に胸を打たれた毛利は、予算内で家のプランを考えて欲しい、と大吉らに依頼した。
  大吉が家にこだわるのには、深く悲しいワケがあった。実は、香苗のお腹の中に末っ子のおさむ(熊谷瑠衣)がいた7年前、大吉は、“10年に一度の掘り出し物”という触れ込みで売られていた建売の一戸建てを、家族のために購入したことがあった。だが、この家がシックハウスで、喘息になった香苗は、おさむの命と引き換えに死亡していたのだ。
  毛利は、青田と大吉のアドバイスに従って白石に質問の雨を降らせた。だが、大吉とあきが毛利家の新居のプランと模型を作って程なく、白石の営業テクニックに騙された沙織は、独断で購入契約をしてしまった。大吉は、おさむと毛利夫妻の子供・竜也(谷山毅)が友達になったことから、毛利を酒に誘った。自分の半生を明かしながら、なぜ家にこだわるのかを説明する大吉。大吉の家族と家を大切に考えている理由を知った毛利は、返す言葉もなかった。
  しばらくして、大吉は、あきからの連絡で、あおいが夕方になっても家に戻っていないと知った。大吉は、あおいが勉強と家事のストレスで潰されかけていることに気付かなかったのだ。慌てて自宅に向けて自転車のハンドルを切る大吉。その時、大吉は、毛利家の新居から火の手が上がっていることに気付いて――。