ダベア日記

ズーミン兄さん、チャーミン姉さんのプロ根性

「セールスは断られた時から始まる。
 ボクの恋愛は断られる前から終わっている。」
・ ・・・自虐ネタなら尽きないダベアです。

今週から『ズームイン!!SUPER』で現場研修させて
もらっているわけですが、恐れ多くも番組メイン司会者の
西尾由佳理アナに恋してしまったボク。

090428-01.jpg

片や日本テレビが誇る看板アナ。
片や新人で世間知らずなクマ。
身分違いの恋と笑われてしまっても仕方ありません。
しかし、これまで数々の身分違いの恋が
切なくも激しい愛の炎を燃やして、
歴史に名を残してきたのは事実です!
『ローマの休日』『タイタニック』『ノッティングヒルの恋人』etc,
きっと、ボクと西尾アナだって映画のような恋に発展するかも...。

一刻も早く仕事が出来るようになって、
西尾アナの待つスタジオに戻りたい!
そんなことばかり考えていたボクに、
あの2人は強烈なパンチを浴びせて、
目覚めさせてくれました。
『ズームイン!!SUPER』の人気者、
ズーミン兄さんと、チャーミンねえさんです。

090430-1.jpg

お天気コーナーの手伝いをやることになったボクは、
初めて、ズーミン兄さん、チャーミン姉さんの仕事ぶりを
近くで拝見させてもらったわけですが、
それはそれは素晴らしかったです。
おふたりはまさに一流のエンターテイナーであり、
人を楽しませるそのプロ根性には、
ダベア思わず脱毛、いや脱帽です!
テレビに映っていないところでも、
観覧の人が一人でもそこにいれば、すぐにそばに行って、
写真を撮ったり、話しかけたり、ハグしたり・・・
とにかくサービス精神を惜しみません。
だからこそ、おふたりのまわりには、
毎朝大勢のお客さんが集まってくるのでしょう。

090430-2.jpg

また兄さん姉さんたちが安全にお仕事ができるよう、
それを支えるスタッフたちの仕事ぶりも素晴らしいです。
生放送中の余裕がない中、おふたりには出来るだけスムーズ
に移動してもらうために、スタッフさんがサポートします。

その際、
「ここは狭いですよ」とか
「足元のケーブル気をつけてくださいね」などの、
声掛けも忘れません。
単純だけど、こういった気遣いがあるからこそ、
『ズームイン!!SUPER』は
30年も続く長寿番組になったのではないでしょうか。
ダベアはそう思います。

朝の空気は清々しくて気持ちいいです。
『ズームイン』の現場にいると余計そう感じます。
ボク、あんまり気持ちよくて本番終了と同時に
眠ってしまいました。

"あ〜、気持ちイイ!ふわふわしてあたたかくて、
まるで西尾アナの腕に抱かれているみたいダベア〜"

と、期待しながら目を覚ますと・・・・

090430-3.jpg
「気象予報士の木原さんじゃありませんか!」

世の中そんなにうまくいかないものです。
またひとつ、勉強になりました!

                       つづく

ダベア、「恋の予感」その2 〜運命の再会〜

「男って結局、女にモテたいから頑張るんでしょ?」
・ ・・・言い返す言葉が見つからないダベアです。

今週(昨日)からまた新しい現場で研修始めてます。
報道局の次にやって来たのは、番組制作の現場です。
番組名は『ズームイン!!SUPER』
日本テレビ、いや、日本の朝の看板番組と言っても
決して言い過ぎではありません!
番組制作志望のボクにとっては、『ズームイン!!』の現場
を体験できるというだけも大興奮なのに、
さらにボクを興奮の坩堝状態にしてくれたのは、
あの女性(ひと)との運命の再会・・・。
『ズームイン!!SUPER』のメイン司会者であり、
『日本テレビ』を代表するメイン女子アナであり、
『ダベア憧れの女性チャート4月』堂々第1位に輝く、
西尾由佳理アナと、劇的ドラマチック&感動クライマックス!
な再会を果たしたんですよ!

090428-01.jpg
※ボクと西尾アナの「奇跡の出会い」については4/27の日記見て!

もう、これはやっぱり何かあるんですよ。
「赤い糸」で結ばれてるってヤツですよ。
これまで1度も恋の機会を与えてくれなかったロマンスの神様は、
まさかこんな場面でチャンスを与えてくれるなんて...。
これはもう頑張るしかない!ここで頑張らないといつ頑張る?
頑張って、絶対に西尾アナに褒めてもらえる
立派なテレビマンになります!そして、いつの日か、
"西尾アナのハートにズームイン!!"
そんな萌える・・・、もとい、燃えるような情熱を胸に
西尾アナの待つスタジオに向いました。

「今日からボクが西尾さんにキューを出します!」
と、張り切ってカメラ横を陣取るボク。
新人でも大事な場面では主張するんですよ!
090428-02.jpg
「西尾さん、こっち見て下さい!羽鳥さんはあっち見て」
そろそろ本番が始まろうとしたその時、
センパイのADさんから、
「あ、キミ、スタジオはいいから外に行って」

ガ〜〜ン! ダベア、SHOOOOOOOCK!!

スタジオを追い出されてしまったボクは、言われた通り外へ。
するとボクを待ち受けていたのは、
番組の人気者のズーミン&チャーミンのおふたり!!

090428-03.jpg
大スターを前に固まってしまったボク。

これから、ボクは大スターのズーミン&チャーミンに付いて
番組制作の現場を勉強していくことになりそうです。
ズーミン兄さん、チャーミン姉さん、よろしくお願いします!
そして、西尾アナ。しばしお待ち下さい!
ダベアは必ず立派に成長して
スタジオに戻って参ります!!

                               
                            つづく

ダベア、「恋の予感」その1

「付き合ったことがない」のではなく、
「付き合ってこなかっただけ」と、頑に言い張るダベアです。 虚しい・・・。
 

先週金曜日、実は大事件があったんです。
なんと!生まれて初めてヘリコプターに乗せてもらったんです。
いわゆる、テレビの取材用ヘリ。

090427-01.jpg
一緒に乗った同じ新人のK山くんはテンション上がり
まくりでしたが、ボクはテンション&血圧下がりまくり。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ボク、高所恐怖症なんです(4月3日の日記参照)。

そんなボクがヘリコプターに乗ったらどうなるか
わかりますよね?
フライト中、怖くてずっと目をつむっていたんです。
そしたら、いつの間にか気絶しちゃってたんですよ。
トホホホ・・・・・。

気がついたら、診察室の中。
どこも異状がないか調べてもらいましたよ。

090427-02.jpg
「頭の中に空洞が出来てますね」「昔からです!」

090427-03.jpg
「血液型は何型ですか?」「小型です」

結果はどこも異状なし!それを聞いてホッとしましたが、
またしても大事な所で気絶してしまった自分が情けなくて
涙が出そうになりました。
グッと涙をこらえるボクの背中に、誰かが「大丈夫?」と声をかけます。
振り返ると、そこにいたのは、な、な、な、なんと!!
西尾由佳理アナではありませんか!

090427-04.jpg
「元気を出して、新人くん!」「へ、へい...」
それは突然の出来事でした。
もしかして夢か幻だったかもしれません。
しかし、あの時、あの瞬間、凹んでいたボクを
優しい春の風が包んでくれたのは事実です。
西尾アナに撫でてもらった感触を思い出していると、
ボクの胸はきゅんとしめつけらます。

ママンに言うと、素っ気なく
「ストレスのせいよ」と言うけど絶対に違います。
これはアレですよ。

「もしかして、これって恋の始まり・・・」

                 つづく

ダベア、国会へ行く

仕事における最大の敵は「睡魔」だと早くも気づいてしまったダベアです。
とにかく眠いっ!  

お知らせします。この度、ダベアは国会にデビューいたしました!
ニッポンを変えます!!

090424-1.jpg
社会人デビューだけでなく、国会デビューまで果たしたボク

いささか表現がオーバーでした。すみません。
正しくは、報道局政治部の先輩に連れらて国会議事堂に行ってまいりました。
国会議事堂といえば、日本を動かしている最重要地点。先日の最高裁判所に続いて、またしてもダベアには不似合いな場所です。
建物の中に一歩足を踏み入れただけで、もう緊張しまくり、毛穴がぎゅっと引き締まります。
当たり前ですが、そこにはテレビでよくお見かけする議員さんがズラリ勢揃い。
「あの人はテレビで見るよりも貫禄かある」「あの人はテレビで見るより気さくそうだ」...等々すっかり観光気分のボク。
先輩は「こら、ダベア!遊びに来たんじゃねえぞ!」と、ボクを記者会見の場に引っ張っていきました。
090424-2.jpg
「記者会見場でも目立って仕方がないボク」

090424-3.jpg
「生まれて初めて見た記者会見は民主党・菅直人議員でした。
ボクが気になるのか、チラチラ見てくれてます」


090424-4.jpg
「会見場では記者たちはその場でパソコンを開いて
一言一句もらさずメモを取っています」

この後、先輩に連れられて記者会館にある『スイス』という食堂に行きました。
先輩は「ここのカレーとラーメンがうまい!」と言ってました。
しかし、ボクはこの食堂の名前がなぜ『スイス』なのか、
それが気になって仕方ありませんでした。
今度、個人的に取材してつきとめたいと思います。

ちなみに国会議事堂(参議院)は、平日ならどなたでも見学することができるそうです。皆さんも機会があればぜひ一度行ってみることをおススメします。

職場研修開始!「戦場の報道局」その3

「お似合いですよ」と女性の店員に言われると、断れずになんでも買ってしまうダベアです。

(前回のつづき)
「映像取材部について行け!」と出動命令を受けたボク。
来たばかりの新人にいきなり取材を命じるとは、
さてはボクにただならぬ才能を感じたのかも...と喜んでたら、
同じ新人のK山くんとM田くんも同行することに。

報道局が戦場でいうところの「作戦本部」ならば、
事件が起こっている現場はまさしく「最前線」。
中継車に乗っているボクら新人は、まさに最前線に送られる新兵そのもの。

というわけで、ボクらが連れて来られた場所は、永田町にある最高裁判所。
実は今日(4/21)ここで、10年前に起きたとある事件の最高裁判決が下る日なのです。
そんな日本中が注目している現場にボクらはいるのです。
まさに歴史に立ち会うってヤツです。

090422-4.jpg
最高裁を前におごそかな気持ちになるボク。

090422-5.jpg
左からボク、K山くん、M田くん。皆、緊張してます。

裁判所の前には、当然日本テレビ以外の局も来てましたし、
ボクたちのような新人の姿もチラホラと見かけました。
ボクたちは何をしたというわけではなく、
ただ先輩たちの仕事ぶりを見ているだけでしたが、
雨の中、裁判所の前で弁護団や検察が出てくるのを待っていると、
「あれ?ボクって今、かなりテレビマンっぽくないか?」
という思いにかられてしまいました。
何を思い上がってんだ!とお叱りを受けるかもしれませんが、
そういう高揚感があったのは確かです。
しかし、この時、報道カメラを担いでいたK山くんは責任重大で、
それどころではなかったかもしれません(カメラのお値段は約1000万!)。
実はボクもちょっとだけ担がせてもらったのですが、
報道カメラって本当に重いんです。
「ズシリ」というより「ズッシリ」という感じです。
どんなにテクノロジーが進歩しても肩に感じる重みは決して変わらないはずです。
なぜか? それは、報道カメラマンの肩にはカメラだけではなく、
プロとしての「責任」も乗っかっているからです。
でも、その重みがあるから、ウソのない説得力のある画が撮れるのだと
ダベアはそう思います(・・・実はこれ受け売りなんですけどね)。
いつになく真面目にそんなことを考えてしまうくらい、現場の空気は熱いです。
そして大いに勉強になりました!

気分爽快、阿藤快! 明日も頑張るぞ!!

職場研修開始!「戦場の報道局」その2

昨夜見た夢の中に阿藤快さんが出て来て、すっかりファンになってしまったダベアです。

さて、現場研修スタートの今週、いきなりボクが送り込まれたのはテレビ局内では"戦場"と言われるくらい過酷な部署・報道局。
戦争映画によく出て来るような鬼軍曹のような怖い先輩が迎えてくれると思いきや、
ボクの前に現れたのは、2人の美女。
ボクを見つめるその鋭いまなざしから、てっきり捕虜にされるもんだと覚悟しましたが、
予想は大きくハズレました。

090422-1.jpg
「あなたが新人のダベアくん?」「なかなか可愛いわね」

なんと、2人のおねーたまは、笑顔で新兵、いや新人のボクを歓迎してくれたのです。
ちなみに左のおねーたまは、報道キャスターの加藤玲奈さんです。
(「日テレキャスターが選ぶきょうのニュース」いつも読んで勉強させてもらってます!)
右は外報部のキラ星M先輩です。
(戦場にキラキラと輝く星というところでしょうか)
そんな素敵な2人のおねーたまが、親切丁寧に報道局をガイドしてくれました。

090422-2.jpg
「外報部では各国のテレビが見れるダベア」

090422-3.jpg
「報道局真ん中の『立会い』スペース。
ここで各部のデスクが集まってその日のニュースなどを話し合うダベア」

おねーたまの説明によると報道局には、5つの取材部があるそうです。

その1「社会部」...扱うのは主に事件事故。
裁判所や警視庁などの記者クラブに記者がいたりします。
その2「経済部」...その名の通り経済関係を扱います。
株とか、あとは携帯やテレビの新製品が出ました!なんてニュースもここです。
その3「政治部」...これもそのまま政治を扱います。国会には記者が張り付いてます。
その4「外報部」...海外のニュースを扱います。特派員とかは外報部の人たちです。
その5「映像取材部」・・・カメラでニュースの撮影をする部隊です。報道カメラマンといえばいいでしょうか。本当の戦場に行くこともあるそうです。

あとは『リアルタイム』、『ZERO』、『バンキシャ』などのニュース番組担当が報道局にはあるそうです。
ざっくり分けるとこんな感じだそうです。

おねーたまたちとも打ち解けて、すっかりリラックス気分のボク。
不安と緊張から解放されると、お腹が空くのは人間もクマも同じ。さ〜て、お昼何食べようかな〜と考えていたその時、

"おい、そこのクマ!映像取材部について取材に行って来い!"

いきなり出動命令を受けたボクは、先輩たちの後をついて取材に行く事になりました。
(つづく)

職場研修開始!「戦場の報道局」篇

「先日合同研修した読売テレビの女子は2人しかいないのにかわいいから存在感あるよね〜」と言ってしまい、仲間の女子たちから総スカンを食らったダベアです。

さて、今週からいよいよ職場研修が始まりました。
ボクが送り込まれた場所は・・・・・なんと、報道局!!
ダベアが最も似合わない場所です。
だって、常に世界中からニュースが届いて、それを配信している
ノンストップ&ノンレストな場所なんですよ。
行く前に人事のHさんに「報道局ってどんな部署なんですか?」とお尋ねしたところ、

"ま、戦場みたいなところかしら"

せ、戦場!?
弾のかわりに怒号が飛び交う!
銃のかわりに(PCの)キーを撃つ!
命のかわりにネタを獲れ!
・・・・というようなハードな場所に、ボクのようなお気楽グマが迷い込んだら、
たちまち踏みつぶされてしまうのがオチ。
ああ、どうしよう。Hさん、他の部署に変更してもらうことできませんか。
今日は香椎由宇に似てますよ。え、そんな当たり前の事言って、おだててもダメ? さっさと行ってこい?
はいはい、わかりました。アイアイサーのスタコラサッサですよ。

というわけで覚悟を決めて飛び込みましたよ、報道局に。
すると、いきなりボクの前に2人の美女が立ち塞がって・・・・果たしてダベアの運命は?

090421.jpg
美女2人に睨まれて固まるボク。この後まさかの展開に・・・

箱根特別研修回顧録その4

4月14日(火)
その後も決して楽ではありませんでした。
順調に進んだわけではありませんでした。
アクシデントもありました。
気持ちが折れそうな場面もありました。
ショーウインドーに映る自分の姿が、あまりにゾンビそっくりなのに、
笑いたいような、泣きたいような気分にもなりました。 
それでもボクらは歩き続けました。
声に出して励まさずとも、お互いがわかりあえるくらい、連帯感が芽生えてました。
ボクは正直なところ、この100kmウォーキングがなんのためにやるのか(やらされるのか)、わかりませんでした。
人事部のHさんに聞いても、「その答えは歩いた先にある」と言うだけ。
"ちゃんとした理由もわからないまま、絶対に100kmなんて歩けるはずがない!"
ボクはそう思ってましたが、汗と湿布薬の匂いにまみれた仲間たちと一緒に、
ただひたすら日テレのある汐留に向って歩いているうちに、
もう理由なんてどうでもいいやと思うようになりました。
足はガタガタで、今にも倒れてしまいそうだけど、
出来るならばずっとこうして、この仲間たちと一緒に歩いていたい。
フランス生まれの個人主義なクマが、そこまで思えるようになっていました。
気がつくと、既に日テレの近くまで来ていました。
ゴールは目前です。しかし、その時、悲劇が起こりました。

090420-1.jpg
この階段を昇り切るとゴール。しかし...

あと、数段昇ったらゴールという所で、ボクはくしゃみをしてしまい、
その反動で足を滑らせて落ちてしまいました。


気がつくと医務室で横になっていました。
幸いどこも怪我はしませんでしたが、
あと少しというところでゴールできなかった自分が情けなく、
心に深い傷を負ってしまいました。

とにかく仲間たちに謝ろうと、ゴール地点に戻ると
な、なんと!ダベアーズのメンバーがボクのためにゴールテープを用意して
待ってくれているじゃありませんか!

090420-2.jpg
「感激や ああ感激や 感激や」 by ダベア

今回の箱根特別研修はボクのこれまでの価値観を変える大きな出来事でした。
そんな機会を与えて下さった日本テレビの人事部の方々には感謝です!
ところでHさん、賞品は何も無しってホントですか?

箱根特別研修回顧録その3

前人未到の100kmウォーキングに挑戦するダベアとゆかいな仲間たち。
春の心地よい風が頬をなで、心がウキウキして足取りも軽いです。
「もしかして、このペースだと100kmなんて軽く行けるかも」
スタートして10分もしないうちにボクはそう思いました。
その証拠に、この時のボクは景色を愛でる余裕がありました。

090419-4.jpg
「春風に そよぐ桜の 愛らしさ」 by ダベア

090419-5.jpg
「旅人の 心和ます 無垢な犬」 by ダベア

しかし、そんな元気もお昼まで。
食事休憩の後、睡魔と疲れがボクの背中に重くのしかかります。
そして、みるみるうちにボクのやる気が低下していきました。


090419-6.jpg
「あれ乗って、帰りたいな 東京へ」 by ダベア

090419-7.jpg
「なんのため 歩いているか わからない」 by ダベア

今にもその場に倒れてしまいそうになったその時、
ゆかいな仲間の1人、K森くんがボクに肩を貸してくれました。
嗚呼、なんという美しい友情の一場面でしょうか。

090419-8.jpg
「友の肩 見える景色は 絶景かな」 by ダベア

K森くんだって相当疲れているはず。なのに弱音ひとつ吐かず、ボクに肩を貸してくれている。他の仲間たちもそう。
みんな自分のことよりも、ボクを気遣ってくれている。
なのに、ボクと来たらすっかり弱音を吐いて、みんなのお荷物になってしまって・・・。

090419-9.jpg
「その旗が、ボクの心に 突き刺さる」 by ダベア

ボクはK森くんの肩から飛び降りて、再び自分の足で歩き始めました。
もう二度と弱音なんか吐いたりしないダベア!
さあ、東京まで歩くぞ!!

箱根特別研修回顧録その2

4月13日(月)
午前8時。出発地点の芦ノ湖に到着したボクたち。
目の前に広がる雄大な景色に、しばし、これから待つ地獄のことを忘れてしまいました。

090419-1.jpg
「あ、富士山が見える!」とテンションアゲアゲのボク。

さて、100kmウォーキングという大イベントを行うのだから、
きっと派手な開会式でボクらの気持ちを盛り上げてくれるに違いないと思ってましたが、そんな期待は大ハズレ。
着くとすぐに記念撮影をして、その後、グループごとに出発。

090419-2.jpg
「この中で果たして何人が日テレに辿りつけるか?」

なんとボクたちのグループが最初に出発することになりました。
スタート直前、みんなで円陣を組んで、リーダーのK坂くんが叫びました。
「みんなー、1着目指して頑張ろう!」
ボク以外は「おーーーっ!」と叫びましたが、
ボクだけは「えーーーっ!?」と叫んでしまいました。
ダベアーズのメンバーはそんな"やる気満々&勝つ気満々"だなんて知らなかったダベア〜。
気がつくと皆は既に歩き出しています。

090419-3.jpg
「おーい、待ってくれ〜!」と慌てて追いかけるボク

よーし、こうなったら
"乗りかけた船にはためらわず乗ってしまえ!"
"毒を食らわば皿まで!"
"飛んで火にいる春のクマ!"・・・・etc
何がなんでもみんなにくらいついて100km歩き切ってやるダベア!

箱根特別研修回顧録その1

土日の休みも、まったく予定のないダベアです。

なので、4月12日から14日の3日間に渡って行われた、
「箱根特別研修」について書きたいと思います。
箱根で一体何が起きたのか?その真相がついに明らかに!

4月12日(日)
朝9時に日本テレビに集合し、グループごとに分れて準備開始。
ボクのグループ(名前は『ダベアーズ』)はボクを入れて9人。
今回の100kmウォーキングでは、各自に役割(係)が与えられています。

まず、グループのリーダーはフルマラソン経験のあるK坂くん。
続いて保健係にはムードメーカーのK森くん。
全行程を撮影する重要な記録係には、しっかり者のS山くん。
みんなが完歩できるようスケジュール管理するタイムキーパー係には、
癒し系キャラのA賀ちゃん
100kmの行程でみんなに食べさせる食料を調達する食事係には、
好青年キャラのM田くん。
本部からの連絡を的確に伝える通信係には、
頼れるお姉さんキャラのF野ちゃん。
先頭に立ってみんなを導いてくれるナビゲーター係には、
お気楽キャラのO田ちゃん。
交通量の多い箱根の道を安全に歩けるよう常に注意してくれる安全係には、
しっかり者のM島くん。

そしてボクに与えられた役目は・・・・・
「全部の係のアシスタント」
要するに、ボクだけが独立した役割ではないんです。
でも、その方が気が楽だし、歩く事に専念できます。

そんなわけで、いよいよ箱根に出発です。
行きのバスの中ではみんな爆睡してました。
(きっと前日、不安で眠れなかったのでしょう。)
ボクは起きて、ひとり黙々とおやつを食べてました。

夕方、宿に着くと、すぐに温泉に直行です。
仲間たちとの裸の付き合いはいいものです。
これぞまさしく日本ならではの文化です。
「どうせなら女子も一緒に混浴で・・・」
と、言いそうになりましたが、ぐっと言葉を飲み込みました。

090418.jpg
「初めての箱根にテンションが上がりまくるダベア」

温泉の後は、おまちかね夕食タイム。
我が家では2品以上のおかずは滅多に並ばないだけに、
ここで堪能しためくるめく料理の数々は
ボクは死んでも忘れないでしょう。

続いて大広間に移動して、レクリーション大会でも
やるのかなと思ったら、どうも様子が変です。
いきなり部屋の灯を消して、みんなでテレビを見ることに。
画面に映し出されたのは、19年前に実施された100kmウォーキングの模様です。
その阿鼻叫喚の世界に、浮かれ気分ではしゃいでいたボクたちは、
一気にシラフの世界に引き戻されてしまいました。
この時、知ったのですが、この特別研修の箱根100kmウォーキング。
実は19年前に行われて以来、ずっと行われてなかったみたいですが、
昨年からまた復活したそうです。

部屋に戻ってきてからも、さっき見せられた映像が頭から離れません。
やっぱり100kmなんてボクには無理です。
もう、こうなったら逃げるしかない! 皆が寝静まったら逃亡しようと思いましたが、
誰よりも早く眠りについてしまい、翌朝は一番最後に起きたダメなボク・・・。

外は絶好のウォーキング日和。
ボクらはバスに乗せられて、出発地点である芦ノ湖に向うことになりました。
心の中ではなぜか「♪ドナドナ」のメロディーが流れてました。

読売テレビとの合同研修で悔し涙

トイレの便座に腰かけるまでに5分はかかるダベアです。

今日は読売テレビの新入社員たちとの合同研修がありました。
そこで一風変わったグループワークをやり、とても面白かったです。
どんなグループワークをやったかここで紹介したいのですが、
「社外秘」なので紹介できません。ごめんなさい!
でも、このグループワークの成果は近い将来ボクたちの仕事の結果として、
皆さんに知ってもらうことになるでしょう。
それまで楽しみにしておいて下さい。

090417-1.jpg
「これが秘密のグループワーク。ダベアだって真剣です」

合同研修の後、これまでの研修の総括を行いました。
みんな、箱根研修(100kmウォーキング)の体験を振り返る中、
ボクだけが、昨夜行われた読売テレビの新人たちとの懇親会を振り返りました。

「ゲーム大会で読売テレビさんに負けたのは、悔しかったです!」

090417-2.jpg
「ジャンケン大会に敗れたところダベア」

みんな、ボクが冗談で言ってると思ってたようですが、
本気です。本気で悔しかったんです!
賞品のヤッターマングッズ、欲しかったのに・・・・。

ともあれ、来週からはいよいよ現場研修が始まります。
さあ、頑張るダベア〜!!

090417-3.jpg
「最後は皆で記念撮影。ボクが全く目立たないダベア」

What's 座学?

皆さんは、「座学」(ざがく)という言葉をご存知ですか?
ボクは知りませんでした。
新人研修のスケジュール表を渡された時に、
この「座学」という文字がやたら入っていたので、
一体なんだろうと思っていました。

ママンに尋ねると、
「座学? 座薬の間違いじゃないの?」
おいおい、ママン。
幾らなんでも、「座学」と「座薬」を間違えはしないですよ。
するとママンも納得して、新たな答えをひねり出してくれました。

「多分、テレビの仕事って座ってる時間が長いから、
 腰痛にならないための正しい座り方とか教えてくれるんじゃないの。
 それが座学よ」 

なるほど!
たしかに「正しい座り方」って案外知らない人(&クマ)多いですからね。
そんなわけで、「座学」のある時は、アグレッシブにやる気のあるところを
アピールしようと、マイ座布団持参で臨んだわけですが。。。。

全然違ってました、 「座学」の意味が。

人事のHさん曰く、
「座学とは字の通り、座って学ぶ、要するに講義のこと。他にどんな意味があるわけ?」
そ、そうですよね。Hさんのおっしゃる通りです。
ついでに、その足開いて腕組みする姿、天海祐希に似てます。

というわけで、今日も座学をみっちり受けてきました。
しかし、今日の座学は箱根の特別研修で100km歩いた直後ということもあって、
椅子に座るのに苦労したダベア。

今日は活力補給デー

昨日(14日)、特別研修から生還しました。
いやぁ~、ボク的(クマ的)には大変な4日間でした。
一体何があったのかは、ちょっとクールダウンしてから書きますね。
乞うご期待! そんなわけで、今日は代休。
精魂尽き果てたカラダとココロにエネルギー注入する1日を心掛けました。

「うなぎが食べたい」と言うボクのリクエストにママンは、
「うなぎは無いから、似たもので我慢して」と出したのが、
これ(↓) そう、沖縄名物『ゴーヤ』です。
090415.jpg
「仕方がないのでハチミツ漬けで食べたダベア」

「元気になる映画が見たい」と言うボクのリクエストにママンは
「ニンニク注射並みに熱くなれるわよ」と勧めてくれたのが、
これ(↓) そう、韓国映画『シルミド』です。
090415-2.jpg
「熱くなれたけど、悲しい結末に凹んダベア」

最後くらいは自分のやり方で元気を取り戻そうと、
ひとりカラオケに行きました。
そして歌ったのが、
これ(↓) そう、ユーミンの名曲『ダンデライオン』です。

090415-3.jpg
「ほろ辛い思い出がよみがえってさらに凹んダベア」

ともあれ、ゆっくり休めました。
さあ、エネルギーも補給できたし、明日からまた頑張るダベア!!

明日は箱根でのんびり温泉、のはずが・・・

明日から来週の火曜日まで特別研修ということで箱根に行ってきます。
箱根といえば駅伝と温泉。
駅伝はお正月に終わってるから、
そうなれば残るは「温泉」!

特別研修に温泉を組み込むなんて、
日本テレビの人事部も
「風情があるね〜、粋なことするね〜」です。
うれしくなったボクは、人事部のHさんに、
「今日は一段と菊川怜に似てますね〜、いや、米倉涼子にも似てますよ〜」
と、リップサービスしたら、
Hさんはニヤリと笑って、こう言いました。

「特別研修は箱根で100km歩いてもらうから、頑張ってね!」

ひゃ、ひゃ、100km歩く!?
なんで?どうして?なにゆえに?
「歩く」ことと、「テレビを作る」ことがどう関係あるんですか?
どんな因果関係があるんですか?
っていうか、意味わかんないんですけど?
納得のいく説明して下さいよ、Hさん!

そう言いたかったけど、当然言えるわけなく、
「はい、頑張ります!」
と、明るく返事するボクでした。

はあ〜どうするダベア(鬱)

090410.jpg
「せっかくの美味しい食事も喉が通らないダベア」

読売新聞合同研修

今日は読売新聞との合同研修がありました。
いろんな人と出会えて楽しかったです。

休憩時間にみんなで「今、読んでいる本」の話をしました。

「私は天童荒太の『悼む人』を読んでる」
「私は湊かなえの『告白』にハマってまーす」
「僕は勝間和代の『断る力』」
「P・F・ドラッガーの『仕事の哲学』はおススメ」
「社会人になったので松下幸之助の『道をひらく』」・・・etc

そして、ボクが発表する番が来ました。

「ボクが読んでるのは、『女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか?』です!」

・・・・・・・・・(苦笑)・・・・・・・・・

みんな、ボクが受け狙いで言ってると思ったみたいだけど、
実際に本を見せたら本気で読んでると信じてくれました。
090409.jpg
「付箋の多さに、みんな引き気味たったのは、ボクの気のせい?」

番組制作の体験研修 その2

昨日に引き続き、今日も麹町で番組制作の体験研修。
ボクもすっかりカメラマン姿が板についてきました。
ほらね!

090408.jpg
「ちゃんとピント合ってるか、よーく確かめるダベア」

090408-2.jpg
「働いた後の弁当は格別ダベア。え、みそ汁ついてないの?」

番組制作の体験研修 その1

今日は麹町のスタジオで番組制作の体験研修がありました。
4つのグループに分かれて、10分のスタジオ収録番組を作ることに。
それぞれ、どんな役割につくかはクジ引きで決定。
そして、ボクはカメラマンを担当することになりました。

090407.jpg
「おおっ、収録カメラは右利き用なんダベア」

090407-2.jpg
「立ち位置を決めるのもカメラマンの仕事なんダベア」

090407-3.jpg
「ちゃんと撮れてるかモニターチェックするのも大事ダベア」

番組づくり体験を通して学んだことは、
「番組はみんなで一致団結しないと作れません!!」

あ〜、早く現場で働きたいダベア!

社食が無料で感無量!

今日、17階にある社員食堂に初めて行きました。
「17階で初体験」です。
(自分で書いてて、赤くなるダベアでした)
さて、そんな社員食堂で驚愕の事態に遭遇!

な、な、なんと!本日は食事がすべて無料!
(なんでも月間視聴率調査で2冠になったご褒美だそうです)

社員になって初めての社食が無料だなんて、
何たるチーア、サンタルチア、とにもかくにも感無量!
ああ、日本テレビに入ってよかったダベア〜!

数あるメニューの中からボクが選んだのは焼き鮭定食。

090406.jpg
「ああ、たまらないダベア。三切れは食べるダベア!」

そんな時、隣にいた同期の女の子も、
「私もカロリーが低いからそれにしよう〜」と
焼き鮭定食を頼みました。

ちっ!余計なことを言いよって!
せっかく3人前食べようとしていたのに〜(泣)

090406-1.jpg
「結局、一人前で我慢しました。世の中うまくいかないダベア〜」

デキる社員の日曜日の過ごし方とは?

「デキる社員の秘密は日曜日の過ごし方にあり!」
どこかのビジネス雑誌にそんな記事が出てました。
だからボクも日曜日、どう過ごすとデキる社員に近づけるか、
考えることにしました。

そんなわけで、朝からずーっと考えているうちに、
聞こえてきました、あの曲が。
♪ チャンチャカチャチャ、チャンチャン 
そう、『笑点』です。
今日の笑点も最高に面白かったです!

あ、そうか、わかりました!
デキる社員になる日曜の過ごし方は、
ユーウツな気分ではなく、明るい気分で「笑点」を楽しむこと!
これですよね、歌丸師匠!

090405.jpg
「おーい、山田くん、ダベアに座布団1枚あげて!」

早くも社会人のオーラ?

社会人になって初めての休日。
ハッキリ言うって、これまでの休日とはわけが違います。
ゴロゴロしていても、これまでとは違って、
どこか社会人としてのオーラが漂っているというもんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
えっ、せっかく休みなのに、友達と会ったりしないのかって?
友達なら家にいますよ。
ほら!

090404.jpg
「ソウルメイトのミドリちゃん。いつも愚痴聞いてくれるダベア」

死を覚悟して、いざ昇りました!

「それじゃ屋上に行ってみましょうか」
人事のHさん(菊川怜似の美人)のひと言に、
思わず死刑宣告された気分になりました。

というのも、ボクは高い所が大の苦手。
フランスに住んでた時もエッフェル塔に昇ったことはなく、
東京に住んでる今も東京タワーに昇ったことがない。
日テレもエレベーターに乗る時は、
目を閉じて乗るくらい、高い所は苦手なんです。
(でも飛行機は大丈夫。あれくらい高いと下は見えないですからね)

そんなボクが日本テレビの屋上、ヘリポートが設置されてるくらいに
高いところに昇れだなんて、それは死ねってことですか、Hさん!

そう言いたかったけど、新入社員のボクにそんなことが言えるわけもなく、
覚悟を決めてみんなについていきました(泣)

090403.jpg
「屋上からは東京を一望。これでどんなに高い所かわかるダベア」


屋上に着くと同期たちはテンション上がりまくり。
でもボクだけはテンションと血圧下がりまくり。
生まれたての子鹿のように、立っているのがせーいっぱいのおっぱいバレー(4/18公開!)

その時、誰かの「あ、富士山!」という叫び声。
ボクも勇気を出して見てみると、
遠くに真っ白でキレイな富士山が見えました。
この瞬間、恐怖心は消え、地獄から天国に来たような気分になりました。

しかし、ひとつ気になったのは、
日本テレビの屋上は、なんだか「つけ麺」の匂いがしました。
なぜ?

090403-2.jpg
「写真ではわからないけど、風が強くて生きた心地がしなかったダベア」

あらためましてご挨拶

せっかくブログをはじめたのに、ちゃんとご挨拶してなかったですね。
ごめんなさい。カスピ海より深く反省!
そんなわけであらためまして自己紹介を。

ボクの名前はダベア。
正しい表記はDA BEAR。正しい発音は・・・・省略させてもらいます。

フランスはカンヌ(国際映画祭で有名な所)で生まれて
9才の時にママンの故郷・日本の八王子に引っ越してきました。

趣味は、いろいろありますが、
一番古い趣味は切手集め(ボクの場合、切手を舐めるのが目的なんですが・・・)。

特技は、ボウリングです。もちろん、マイボールもマイ手袋も持ってます。
(我が家の合言葉は「悩んだらボウリング、ピンを倒せば悩み解決!」)

好きな映画は、
『男はつらいよシリーズ』
(クマなのに寅さんに憧れてます。惚れっぽい所が似てます。フラれる所はもっと似てます!)『がんばれベアーズ』
(断然オリジナル派です!)
『ホテル・ニューハンプシャー』
(クマが号泣する映画ベスト1!原作も最高です!)
『僕の彼女はサイボーグ』
(実は綾瀬はるかちゃんの大ファンなんです。『おっぱいバレー』も楽しみです!)

好きな食べ物は、ハチミツをたっぷりブチこんだ2日目のカレーです。

夢は、綾瀬はるかちゃんと結・・・いえ、日本テレビを今よりもっと愛される日テレにすること。

そんなわけで、みなさま、これからよろしくダベア!

090402.jpg
「ボクって物事を斜め目線で見てしまう悪いクセがあるダベア」

感慨一入(←なんて読むのか、正解は最後に!)

ふぅ〜。
今、日本テレビの入社式から帰ってきたところです。
入学式や卒業式は何度も経験はあるけど
入社式は初体験。
クマだって人の子、初体験は緊張するもんなんですよ。
(ちなみにボクは緊張すると、足の裏が無性にかゆくなるんですけど、キミは?)

さて入社式ですが、
おごそかな中にも、ピリピリした空気がほどよくブレンドされて、
春の陽気で広がったボクの毛穴もギュッと引き締まる!
そんな緊張感が漂っていましたよ。
でも、それ以上に、
「今日から晴れて日本テレビの一員になんだ!」
という新入社員たちのやる気と喜びが満ち溢れてました。
(ちなみにボクはうれしくなると、おしりがムズムズするんですけど、キミは?)

ボクの場合、クマというハンデもあるから、
前途多難は予想されるけれど、
負けずに頑張っていくダベア!!

090401-2.jpg
「このIDストラップは入社式で貰った記念品ダベア」

※ タイトルの正解は、「かんがいひとしお」です。正解だった人、感慨一入でしょ?

今日から社会人デビュー!なのに・・・

「ダベア、起きなさい。お母さんに赤ちゃんが出来たのよ」
ママンの声が耳元でする。
えっ、ボクの社会人デビューの日に、ボクに弟or妹が!?
これぞまさしくWおめでた!略して、ダブおめ〜!
と、叫びながら飛び起きたら、ママンは大笑いしてました。

そう、今日は4月1日。
エイプリルフール、四月馬鹿、役者馬鹿、釣りバカ・・・etc
まんまとダマされてしまった〜!

ひとり息子の社会人デビューの日に、なんてことする親なんだ!(怒)
でも、おかげで朝5時に起きて、こうしてブログを書く余裕すらあります(謝)
さあ、入社式に行ってくるダベア〜!!

090401.jpg
「朝食はやっぱりハチミツ。今日はおめでたいので1瓶ぺろりダベア!」

ダベアで遊ぶ | ダベア日記 | プロフィール | モバイル | グッズ
(c) Nippon Television Network Corporation