ダベア日記

アナザースカイ初体験

『アナザースカイ』という番組、ご存じですか?
金曜日の夜やっている番組で、
この10月から放送時間が早くなり、
23時スタートになりました。

今田耕司さん、モデルのLIZAさん、
バレエダンサーの宮尾俊太郎さんの3人が
毎回素敵なゲストを迎えて、
お気に入りの場所や、大切なモノから
ゲストの人生を掘り下げていく、
週末の夜に鑑賞するにふさわしい
オトナのトーク番組です。

ボクもこの番組は大好きで、
デートの誘いを断って(嘘)、
毎週欠かせず観ているのですが
この度、初めて!
番組の収録を見学することができました。

『アナザースカイ』の収録は、
日テレのスタジオではなく、
都内某所にある超高級マンションの一室で
行われています。

dabearnanothersky1.jpg
ゲスト席に座らせてもらったダベア!

ただ今、部屋探しの真っ最中のボクにとって、
このオシャレなマンションはまさに理想郷といった
ところ。
こんな部屋に住めたら、まさにベランダから
眺める空も、アナザースカイといったところ
ではないでしょうか。

てな感じで、物件見学みたく部屋中を
見てまわってると、
「ダベア!収録始まるからどいて!」
と怒られてしまいました。
トホホホ・・・・・。

さて、ボクが見学させてもらった時のゲストは
モデルの鈴木えみさん。

う、美しい!美しすぎて気絶しそうダベア!
えみえみが『ギャルサー』に出てた時から
チェックしてただけに、
こうして生で見ることが出来て、
本当に生きててよかったと思うばかりです。

さて、鈴木えみさんの『アナザースカイ』は
バンクーバーだそうです。
美しい大自然と、感動秘話に、
最近汚れていたダベアの心も
キレイに洗われました!
えみえみ、ありがとう!!

いつか、ボクも『アナザースカイ』に
ゲストとして呼ばれてみたいものです。
ダベアの『アナザースカイ』は、
フランスのカンヌ!といいたいところですが
違います!
デンマークの首都・コペンハーゲンです!
大学の夏休みに訪れた
コペンハーゲンのチボリ公園で、
人生初キスをした熱い思い出を語りたいと・・・

dabearanothersky2.jpg

セットの地球儀を眺めながら
そんな妄想にふけっていると、
突然周囲が真っ暗になりました。

収録もとっくに終わり、部屋を見回すと
ボクひとりだけ。
そ、そんな、放置プレイですか!?

ダベア・秋の読書強化月間  

社会人になってから(まだ数ヶ月ですが)
めっきり本を読まなくなりました。
忙しいとか疲れてるとか、他に読まなきゃ
ならない資料があるとか...
いろいろと言い訳がつけられるのですが、
本を読まなくなってから確実に、
思考力・想像力・集中力
忍耐力、恋愛力(?)...が衰えています。

「人に何かを伝える」という仕事に就いて
いるのに、こんな体たらくではダメだと思って、
本日より
『ダベア・秋の読書強化月間』
とすることに決定したダベア!!

とにかく仕事と睡眠以外は
本を読むことにしたいと思います。
本も自分の好きなジャンルではなく、
あえてこれまで読まないでいたジャンルの
本を選ぶようにしたいと思います。
例えば、本屋さんに行って、
全然興味のないコーナーの棚の前で
目をつぶって適当に一冊手に取ってみる。
当然ハズレもあるかもしれませんが、
中には人生を変えるような
本と出会えるかもしれません。


ちなみにボクが社会人なってから
読んだ数少ない本の中で
よかったのは
西村佳哲さんの
『自分の仕事をつくる』。

dabearhon.jpg

「働く」ということは、一体どういうこと
なのかを教えていただきました。
みなさんもオススメの本が
あったらぜひ教えて欲して下さい。
よろしく哀愁ダベア!!

先を越されてしまった!    

昨日飛び込んできたニュースに
大きな衝撃を受けてます。
ボクのライバル(勝手に決めつけてるだけですが)の
地デジカが、某局で連続ドラマに出演するそうです。
聞く所によると、どうも重要な役というか、
ほとんど主役というではないですか!

本来は良きライバルの活躍を
拍手して喜んであげるべきですが、
ダベア、そこまで人間(熊?)が出来てません。
本音を申すと、
"く、悔しいですっ!!"(ザブングル加藤調で)

こんなにも早く先を超されてしまうなんて
まさかまさかの田村正和!
そんな寒いオヤジギャグ言ってるから
ダメなんダベア!と
自分にダメ出ししても
後の祭り、うちの近所で秋祭り...
と、しつこくダジャレを連発するしか
このショックを和らげることできません。

ボクも地デジカに負けないよう
早く自分の番組が持ちた〜い!
カノジョよりも冠番組ダベア!!!
こうなったら今日から本気モードで、
自分が主役の企画書を書きまくって、
おまけに『小熊のベア部屋』も
同期・上田の番組も乗っ取ってやるダベア。
フフフフフ(黒ダベア誕生!!)

新居決定!?   

以前、このブログの中で
実家の八王子から引っ越して
独立しようか思案中...という話題を
したと思います。

忙しかったり、思うようにお金が
たまらなかったりと、いろんな理由で
「ダベア独立計画」はストップしてましたが
また最近始めました。

で、今朝会社に行く前に以前から
気になってたお部屋を内覧させて
もらいました。
予想した通り素敵なお部屋でしたが
何より気に入ったのはベランダからの眺め。
   ↓
dabearie.jpg

この眺めに一目惚れしたダベア!
そんなわけでここに決めることにしました!
ところで家賃は幾ら?
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!
す、すみません。
ダベア、身の程知らずも甚だしすぎました。
顔洗って出直してきます。

逃げるようにして部屋を出るボク。
早朝から現実という壁に
ぶつかってしまったダベアでした。


 

宣伝部員のお仕事

以前にも書いたとおり、ダベアは特命宣伝部員兼ADです。

今更ですが、宣伝部員としてのお仕事は、
たとえば新番組が始まる時の記者会見の準備をしたり、
ポスターの撮影をしたり、
新聞や、雑誌など他のメディアさんから
番組の取材を受けたりと結構忙しいです。

1020001.jpg
取材をうけるボク。緊張の面持ち。

先週の金曜日、土曜日には、新しく始まったドラマ、
「サムライ・ハイスクール」の出演者の皆さんが
番宣のために情報番組をハシゴする
(ギョーカイ用語で「電波ジャック」といいます)ので、
主演の三浦春馬さんや、城田優さん、杏さんをお迎えしたり、
スタジオにご案内したり、お弁当(スタッフ分も)を発注したりと、
大忙しでした。

...仕事を覚えるだけで、このところのダベアは手一杯でした。

すこし余裕も出てきたので、今後は、ボクが関わった仕事のことも書いてみようと思います。

天狗の秋

先日、お仕事で群馬県の沼田に行ってきました。
沼田といえば、アレで有名な所です。
     ↓
1019001.jpg
そう、天狗です。
沼田を代表する迦葉山には、
顔の丈が6.7メートル、鼻の高さが
2.7メートルもある、日本一の大天狗面が
安置されているそうです。
(ちなみに写真の天狗はそれとは違います)。

さて天狗ですが、
ダベア的には、なんとなく日本よりも
海外の方が人気があるかもしれません。
特に若者には。
というのもパリ大学時代に知り合った
友達のアパートに、天狗(Tengu)が普通に
インテリアとして飾られていたり、
ボクが日本に帰国した時にお土産で買ってきた
「天狗Tシャツ」を喜んでくれたり・・・、
とにかくボクの知っているパリっ子たちは、
天狗=東洋のオシャレアイコン
と信じている人が大勢いました。

今回は天狗取材が目的だったわけでは
ないので、残念ながら大天狗面と
対面することは出来ませんでしたが、
現地の人から聞いた話では、
毎年夏に行われる「沼田まつり」では
巨大な天狗神輿が登場し、
なんと、その担ぎ手は
女性限定と言うではありませんか!!

女性の集団によって担がれる巨大天狗の神輿。
なんだかとてもシュールですが、
ぜひぜひ観たいです!
来年はフランスから友達も呼んで
再訪問するダベア!!

24才になりました

昨日10月13日といえば
「引越しの日」「サツマイモの日」、そして
「ダベアの誕生日」。
ボクも晴れて24才になりました! (^-^)∠※PAN!

社会人になって初めて迎えた誕生日ですが、
職場では特に何もありませんでした。
そもそも13日がボクの誕生日だと知っている
人もいないと思うし...
(ボクも同じ職場の人の誕生日は知りません)
期待はしてませんでしたが、それにしても
誰からも「誕生日おめでとう」と言われないのも
やっぱり寂しいダベア〜(´_`)
これが社会人の厳しさなんですね・・・。

落胆しながら家に帰るとテープルの上に
ママンからの誕生日プレゼントとカードが!
チャーミングな黒猫のポット、うれしいダベア!(^ー^)
しかし、同じテーブルの上にはカップラーメンが。
え、もしかして今夜の晩ゴハンはこれ?
1014001.jpg

空気人形

仕事が早く終わったので
映画でも観て帰ろうと
そのまま歩いて豊洲に向かいました。

ららぽーと豊洲の中にある映画館。
ここは初めて来たのですが、
トイレが感動しました。
大きな窓があって夜景を眺めながら
出来るんダベア!
すっかり気に入ったので
映画を観る前と観た後、
2回行きました。

さて、肝心の映画ですが、
この日ダベアが観たのは
『空気人形』という作品。
ダベアの故郷カンヌでも有名な
是枝裕和監督の最新作です。

1007001.jpg

「心を持った人形が、人間に恋をする」
このように人間以外の何物かが、
人間に恋をする作品は、
過去にも作られてきましたが、
これだけ切なさを感じさせて
くれる作品もないダベア!
(異論あるかもしれませんが...)

これはひとえに、空気人形を
演じたぺ・ドゥナさんの魅力に
尽きると思うダベア!
空気人形に心が宿る瞬間の
表情の素晴らしいこと!
裸体の美しいこと!
(これは異論ないでしょう)

一応、ボクも人間以外(クマ)と
いうことでは、この映画の空気人形と
同じなので、そういう意味では
フツーの人(人間)よりかは
感情移入できたはず。
それだけに、
切なさが倍増されたと思うダベア。


オススメです!

ダベアで遊ぶ | ダベア日記 | プロフィール | モバイル | グッズ
(c) Nippon Television Network Corporation