新宿マップ:新宿ベース基地

鳥類カラス

分類:スズメ目 カラス科

大きさ:約40cm

都会でも多く見られる

体全体が黒色で、身近に見られる野鳥の中では一番大きい鳥。
森や林などだけではなく、都会や人家の近くに棲み、雑食性で何でも食べる。
街中では、ゴミを散らかしたり、人に危害を加えたりと厄介者として扱われ、様々なカラス除けの対策が取られているが、本来は動物の死体を片付ける森の掃除屋としての一面も。
エサを食べた後、残った食べ物を高い木の穴などに隠しておく「貯食」と呼ばれる習性がある。

鳥類カワラヒワ

分類:スズメ目アトリ科

大きさ:約13cm

都会でもまれに見られる

スズメほどの大きさで、全身が濃い緑色で、翼の一部に黄色い帯状の模様がある。
その名の通り、河原などに生息し、草の種を食べる。「キリリリ」と高い鳴き声を持つ。

鳥類ヒヨドリ

分類:スズメ目 ヒヨドリ科

大きさ:約30cm

都会でも多く見られる

日本の近辺に生息する渡り鳥で、高い木などに身を隠し、木の実などを食べて生活する。
自然の中では外敵を寄せ付けないよう、大群になって移動する。
一方で、都会の環境にも適応能力が高く、棲みやすい場所を見つけると、単独行動をすることも。

鳥類文鳥

分類:スズメ目 カエデチョウ科

大きさ:15cm

都会でもたまに見られる

頭と尾が黒く、頬が白く、体が灰色をした手のひらサイズの鳥。
人懐っこくて愛くるしいことから、日本では、江戸時代から現在までペットとしても人気が高い。
元々はインドネシアに生息し、暖かい環境を好む。

爬虫類ニホンヤモリNEW

分類:ヤモリ科ヤモリ属

大きさ:10cm

都会でもまれにみられる

古くから日本に棲む夜行性の爬虫類。
木などを巧みに上り、昆虫を食べる。
手に髪の毛の1000分の1以下の細さの毛が無数に生えており、木などの表面にある凹凸にかみ合わさる事で垂直に移動できる。
室町時代から、家の繁栄をもたらす守り神としてまつられてきた。

昆虫クマバチ(キムネクマバチ)

分類:ハチ目ミツバチ科

大きさ:約3cm

都会でも多く見られる

日本固有種のハチ。
ずんぐりとした体形で、全身が黒く、胸部の毛は黄色いのが特徴。
低い羽音とその大きさから獰猛に思われやすいが、主に花粉や花の蜜をエサにし、手を出さない限り刺すことはない温厚な性格をしている。

昆虫ショウリョウバッタNEW

分類:バッタ科ショウリョウバッタ属

大きさ:10cm

都会でもまれにみられる

日本に分布するバッタの中では最大種。
斜め上に尖った頭部が特徴。
ご先祖様を送る「精霊(しょうろう)流し」の船に似ているのがその名前の由来。
イネ科の植物が生える草原でしか暮らせず、繊維質で固い葉っぱを強靭な顎で切る様に食べる。
飛ぶ際に出す音から、チキチキバッタとも呼ばれ、生息域を広げるため大きな羽で長距離移動ができる。

昆虫モンシロチョウ

分類:チョウ目 シロチョウ科

大きさ:3cm

都会でもまれに見られる

畑などで多く見られるチョウ。
羽の表は白く、裏は淡黄色。
幼虫はアブラナ科の植物の葉を食べて成長し、特にキャベツを好む。
成虫は同じくアブラナ科の花の蜜を吸う。

昆虫ヤマトシジミ

分類:チョウ目シジミチョウ科

大きさ:約1cm

都会でも多く見られる

ちょっとした雑草があれば生きていけるため、都会で最もよく見られるチョウの1つ。
一見、地味な見た目だが、羽を開くと美しい瑠璃色が現れ、この姿がシジミ貝に似ているのが名前の由来。

← 戻る

ページTOPへ ▲