キャスト・スタッフ

Cast

堺 雅人 蒼井 優 吉瀬美智子 内田有紀 高梨 臨 高橋一生 真飛 聖 中西美帆 ● 余 貴美子
遠藤憲一 酒井若菜 長塚圭史 松重 豊 ● 石橋蓮司 高畑淳子 小日向文世

Comment

日野倫太郎役:堺雅人さん

Q. 台本を読んだ感想は?

最初に台本をよんだ感想は、「難しそうだなあ」です。いい精神科医ってなんだろう、と。その答えはまだ出ていません。
ひとつ“日野倫太郎”に思っているのは「人の話を寄り添って聞く人なんだろうなぁ」ということです。僕が患者さんなら、しっかり話を聞いてくれる人がありがたいのではないか?という気がしていて。最近は喋る役ばかりで、喋り疲れたというわけでもないのですが(笑)「相手役の話を聞く」というのが今回の役のポイントではないかと思っています。
中園ミホさんの脚本をよく読んで、水田監督のお話をよく聞いて、共演のみなさんのお芝居を感じながら、「いい精神科医とはなにか」をゆっくり考えていきたいです。

Q. 共演者の印象は?

今回キャストの方々が本当に豪華すぎて!素敵な共演者がひとりでもいらっしゃると、僕は「この方がいるから楽しみ」と現場に行くのが嬉しくなってしまうのですが、そんな皆さんが、今回勢揃いしていて凄いですよね!?役者にとって、これ以上ない贅沢です。

夢乃役 蒼井優さん

正直、とんでもない役を引き受けてしまった…と凄く動揺して、最初に台本を読んだ日は眠れなくて3回読み返しました。自分にとって結構な挑戦になると思います。精神科医のお話なので、今までの医療ドラマとは違って、純粋なヒーローものではなくて、ご覧になる方の日常にもつながるようなドラマになっていくのではないかと思っています。まずは楽しんで頂けるドラマにしたいですし、どうか私が白塗りメイクのシーンはチャンネルを変えずに耐えていただければと思います(笑)

水島百合子役 吉瀬美智子さん

誰もが持っている強さと弱さを上手く描いていて、笑いあり、感動ありのとても面白い作品だと思います。百合子は強そうに見えて切ない役です。倫太郎にずっと片思いしているようなもので、2人の一定距離は縮まらず、むしろ倫太郎をとられてしまうかも?強い百合子の弱い部分が今後楽しみです。沢山の方々に観て頂けるドラマになれば良いな~と思います。私自身も頑張ります。

Staff

脚本
中園 ミホ
「ハケンの品格」「ドクターX〜外科医・大門未知子」(EX)
原案
清 心海
『セラピューティック・ラブ』(株式会社KADOKAWA)
音楽
三宅 一徳
演出
水田 伸生
「謝罪の王様」(映画)「Woman」「Mother」
相沢 淳
「Woman」
チーフプロデューサー
神蔵 克
プロデューサー
次屋 尚
「Woman」「Mother」「アイシテル~海容~」
大塚 英治(ケイファクトリー)
「Woman」「悪夢ちゃん」「ブルドクター」
制作協力
ケイファクトリー
製作著作
日本テレビ

Comment

脚本:中園ミホ

今の日本、心の栄養が足りないのかもしれません。心が疲れた時「こんな人がそばにいてくれたら」と誰もが思うような精神科医・日野倫太郎を堺雅人さんに演じていただきます。以前から堺さんの大ファンだったので、脚本家の私が一番「こんな精神科医がいてくれたら!」と心をトキめかせています。

演出:水田伸生

半沢直樹 VS ドクターX?
それは凄いかも!……違う、違います。私の仕事は「Dr. 倫太郎」という全く新しいドラマを届けることだ。4月クールNo.1ドラマを目指し、腕まくりして頑張ります!

番組プロデューサーコメント

4月期水曜ドラマは、主演に堺雅人さんを迎え、ある精神科医の物語をお送りします。人々の心に寄り添い、その人間力で心の病を解きほぐしていくというスーパー精神科医のお話です。ちょっと変わった主人公・日野倫太郎(堺雅人)の、傷ついた人々との心の触れ合いは、このドラマの大きな魅力となることでしょう。脚本にはあのヒットメーカー、中園ミホさん。そして演出は鬼才、水田伸生が担当します。笑いあり、涙あり、そして恋愛ありのヒューマンエンターテインメントドラマです。どうぞご期待ください。

プロデューサー 次屋尚