ストーリー

医師としての一線を越え、夢乃(蒼井優)を抱きしめた倫太郎(堺雅人)。 スキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられた倫太郎は、明良とともに穏やかな時間を過ごすうち、明良の解離されていた人格が統合されたのではないかと思えるほど治療の効果を感じ始めていた。

そんな折、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で逮捕され、実娘の明良は身元引受人として警察に出頭することとなり、不安を抱えつつも明良はるり子と対峙する。

一方、新病院開業の野望が破れた円能寺(小日向文世)は、その失意から精神を病み始める。円能寺は、すべてが倫太郎のせいだと暴れ始め、倫太郎をはじめ蓮見(松重豊)宮川(長塚圭史)にも「みんなクビにする」と言い放つ。円能寺がそんな状態では病院の行く末も危ういと、倫太郎は蓮見から、円能寺を何とかしてほしいと頼まれる。円能寺を急性ストレス障害だと診断した倫太郎は、円能寺と向き合い、彼の話を聞こうとするのだった。

倫太郎は明良と過ごす時間の中で、明良の存在が自分自身にとって、無くてはならないものだと気づき始める。そして母・加奈子の命日、自分の気持ちを明良に告白する決意をする。